乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

検査結果について。   [管理番号:5458] 
針生検でたまたま悪性部分を検出できなかった可能性もある、一分癌化などで取る場所によって診断が違う場合があると見たのですが、その可能性もありますか?(主治医に質問すると、その可能性がないわけではないが少ない。
100%の診断となると手術で腫瘍を取り出してみないとわからない。
やってほしいと言われればやりますがしかし今の段階ではそれをするほどとは思わない。とのことでした)
100%良性と言い切れるわけではないということや未だ胸や脇周辺が痛むのもあり(この痛みについては、生理を止めるしか手立てはないので我慢するしかないということでした)、手術での生検も少し考えています。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

HER2陽性での心疾患でハーセプチンが使えない場合の術後治療   [管理番号:5417] 
本来は、抗がん剤とハーセプチンの摘要ですが、心疾患(心筋症)があり、主治医からは、ハーセプチンを使わずに、放射線とホルモン剤(フェマーラ)をすすめられています。

①HER2が+3であるのに、私に使える抗がん剤を使わなくても大丈夫なのでしょうか?
ホルモン剤と、放射線だけで再発を押さえられるのか不安でたまりません。

②前回使ったタキソールのような抗がん剤だけでは、HER2陽性の場合は使う意味はないのですか?
主治医からは、あくまでセットで使うものだといわれています。

③私の状態なら、先生はどのような術後治療をなさいますか?
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

高齢者と抗がん剤治療   [管理番号:5457] 
高齢の母の事で相談させて下さい。

左胸に乳癌が見つかり8月に温存手術を行いました。

病理結果は

ステージ1
腫瘍径 15cm+0.6cm(2つが重なった状態でした)
リンパ節転移なし 0/2
核グレード 3
ki-67 24.7%
トリプルネガティブ
遠隔転移なし

今後の治療は化学療法と放射線治療となりました。
<女性:73歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

断端陽性と術後の治療法について   [管理番号:5456] 
主治医の先生方は、放射線、ブースト照射でいいのでは、もし、全摘を望むなら、色々と厳しそうですが、対応は、可能だそうです。
全摘した方がいいのか、このまま、切除せず放射線にするのか、また、ハーツー陰性なら、抗ガン剤は、必要なのか、迷ってます。
断端陽性は、局所再発のリスクが高いようですね。
それから、もし、抗ガン剤をすれば、家族への曝露対応が必要ですか?
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

全身療法について   [管理番号:5455] 
断端が非浸潤ガン陽性の為、追加切除→全摘しました。

現在、ノルバデックス20ミリを服用しております。

ホルモン 90%
Her2 陰性
リンパ転移ナシ
非浸潤 65ミリ 浸潤8ミリ
ki64 10%
ルミナールA

以上の事から
①今現在、40歳。
ホルモン療法単独ですが、リュプーリンは必要ないですか?
②早期ガンの認識でよろしいですよね?
③ルミナールAは抗がん剤が効かない分、あとからの転移がこわいと聞きました。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

慢性活動性乳腺炎について   [管理番号:5210] 
しこり部分の皮膚の発赤は範囲が広がり、最初に赤くなった部分は
茶色く変色しつつ、皮が捲れてきました。

それで治療として、レボフロキサシン錠500mgを処方していただきましたが、
田澤先生ならどういう治療方法をお考えになりますか。

Q&Aを拝見しますと、肉芽腫性乳腺炎の記事が気になっています。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。