乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

肝転移後の治療   [管理番号:5989] 
2013年 7月乳癌告知。
左右乳癌(左5cm 右微小多数) 多発骨転 移ステージⅣルミナールB 腰椎放射線30回照射
9月からフェマーラ使用 → マーカー上昇
2014年 タモキシフェンに変更 → マーカー上昇
2015年 ゼローダに変更 → 2017年10月マーカー上昇
2017年 CT及び超音波検査で肝臓への転移が発覚(2.5cm1個、 他2個)腫瘍マーカー CEA 22
CA15-3 113  エキセメスタンに変更→現在に至る

このホルモン治療は少なくとも3ヶ月続けて効果をみるということですが、肝臓への転移ということで不安を感じています。
<女性:61歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:5566] 
質問1.
主治医に、3センチとはどういうことか?と聞いたら、腫瘍なので体積がある、3センチの深さですと言われました。

これまで乳がんプラザで、3センチの深さ?というのは見たことないように思い、ショックを受けています。
やはり深さ3センチだと今後肺など、乳がんの近くに転移するリスクは、そうでない場合より高いでしょうか?
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発転移の治療法   [管理番号:5648] 
医師は骨盤はたぶん17年前に既に飛んでいたと思われる。
それをホルモン剤で止めていたのではないか。
やめたから出てきたものだと考えられる。

まだ症状はないし、ホルモン剤が効果が大きかったから、ホルモン剤(血液検査の結果、閉経になっているとこのとで、注射なしでアロマシン)を飲んで効くかどうか試すとのことでした。

あと、骨を丈夫にする注射を月に一回する。

抗がん剤とかは、使っても効かなくなってくるから、最後にとっておいた方が延命できる。

痛くて仕方ないとか、症状がでてきから使うのが良い。

時間があるから、副作用が少ないものから試していく。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

「先に手術を受けたい」という私の考え方はいかがでしょうか   [管理番号:6118] 
医師からの説明は「マンモグラフィーと超音波の結果、確かに何かありますね。ガンかもしれないので、今、針生検をしましょう。しこりは、23ミリくらいかな」「右側のしこりは、たぶん乳腺。右のリンパ節は気にしない方がいい」ということでした。

針生検のあと、私が「ガンだったら手術ですよね!?」と訊くと、医師は「リンパの結果もよくなかったら、手術ではなくて、抗がん剤。
それにまだ100%ガンだと決まったわけではないし。」という返事でした。

針生検結果説明と今後の方針のための受診は、3月(中旬)日です。
その間に、乳房CT(造影)と乳腺MR(造影)を受けます。

私は、その後も、こちらのQ&Aを読めば読むほど「まずは手術を受けたい」という気持ちになっています。
ちなみに、部分切除は全く希望していません。

この私の考え方はいかがでしょうか。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。