江戸川病院公式サイトで『院内がん登録 当院の平成21年~平成28年症例報告』を公開いたしました。
以下は公式サイトより転記です。
 

***
江戸川病院 院内がん登録 
『院内がん登録 当院の平成21年~平成28年症例報告』

江戸川病院において登録された平成28年のがん症例1,734件について

厚生労働省健康局総務課長が定める「がん診療連携拠点病院 院内がん登録 新標準登録様式 登録項目とその定義 2016年度版修正版」に基づき登録・集計を実施。
但し、平成19年症例から平成27年症例に限り、標準登録様式2006年版修正版に基づいた登録。

【対象】
2016年1月1日~12月31日までの1年間に、入外問わず、自施設で診断または他の病院で診断された後、自施設に初めて受診した、全てのがん及び脳腫瘍の患者。1腫瘍1登録。

【比率】
各施設の合計を100%とした構成比率で表記。

【部位・組織】
部位及び組織コードについてはICD-O-3(International Classification of Diseases for Oncology,Third Edition)により分類。

【集計表のデータについて】
現段階での集計結果は、院内がん登録における集計対象が自施設を初診した症例や、他施設で開始された継続治療などの情報が含まれなかったという院内がん登録上のルールの制限が大きく影響している。また、実際の診療に用いられている病期と異なる国際的病期(UICC第7版)で集計されている点、治療についても未治療である状況で初診された場合の初回治療のみが集計されているなど、拠点病院の実態(どんな治療が何件されているか、など)そのものをあらわしているわけではない。

【初回治療】
治療開始時点で既に計画されていた治療内容で、後から随時に追加された治療は含まない。
自施設で行った初回治療のみ登録。

平成29年12月12日
江戸川病院 診療情報管理室
鈴木 美沙都、寺平 葵、中丸 香菜

江戸川病院公式サイトのPDFは下記を参照(上記と同じ内容です)。
『院内がん登録 当院の平成21年~平成28年症例報告』(PDF 1.12M)