乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳ガンの細胞診結果待ちですが、えくぼが見つかりました。   [管理番号:4186]
昨年末に、入浴中右乳首から4センチほど上のやや右側寄りに、3センチほどのグリグリを見つけ、翌日(下旬)日に近くの乳腺外来を受診しました。

乳ガン検診はもう20年近く受けていません。

クリニックでは、マンモとエコーの結果、乳ガンが疑われるので、細胞診をします、しこりは2センチくらいです、と言われ、受けて来ました。
悪性の可能性はどのくらいですか、と聞いたら、「あなたが80歳のお婆さんならここでガンだと断定します。
あるいは半年前からあったのなら違うかも。
初診で経過を見ていないので、分からない、強いて言えば悪性か良性の確率は半々かな、と言われました。」
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの診断および今後について   [管理番号:4185]
田澤先生に是非お伺いしたいことは、

1.非浸潤性の乳がんとの診断を受けた際に「たぶん、非浸潤性の乳がんだと思われます。」と言われたのですが、コアニードルの検査方法では不十分なのでしょうか?実は、浸潤性のがんの可能性もあるのでしょう
か?また、細胞診の影響で症状が悪くなることはあるのでしょうか?

2.細胞診から手術まで2か月という期間がありますが、この間にがんの状況が悪化して浸潤がんになってしまうことはあるのでしょうか?

3.このまま言われるがままに、某大学病院で手術をするべきなのでしょうか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。