乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

ホルモン療法について   [管理番号:3502]
現在、タモキシフェンを処方されながら、のんでいません。
再発予防に有効である事は、このサイトで学び理解しているのですが…

先生の患者さんで、この様な症状の方はいらしたでしょうか?
私の主治医は、タモキシフェンの副作用では無いよ、と言うニュアンスだったので、勝手に薬を止めている事が間違っているのか不安です。
<女性:42足>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

病理検査、予後   [管理番号:3501]
腫瘍全体の占拠範囲は28×20×20mmですが乳管内病変と間質浸潤部が複雑に混在しており浸潤部の最大の拡がりは計測困難→これはもっと実際は大きく癌ができているということですか?

NewAdjuvant.comで調べていただくことできますか?

家族や親戚には遺伝性リスクが高い癌発症歴の人はいませんが若年性、トリプルネガティブだと遺伝性も心配です。

でも私はまだ子供いなく私自身一人っ子なので定期的に乳房の検査と卵巣がんも超音波など子宮頸癌検査と共にしてもらい今のところ受けるつもりはありません。
もし遺伝性乳癌だと生存率、再発率の値は変わってきますか?
<女性:28歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

治療方針について、化学療法は必要でしょうか。   [管理番号:3500]
1.私の場合、ホルモン療法だけの5年後、10年後の再発、転移のベースラインリスクはどのくらいですか。
2.抗ガン剤を2年追加することで、そのリスクはどれ位減らせるのですか。
3.1年では効果がないのですか。
4.途中で止めると何らかの害がありますか。
5.脈管侵襲 1+というのは、どのくらい悪い事なのですか。
血液に乗ってがん細胞が体中に回っているということですか。
<女性:67歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性乳管癌の今後の治療の流れに関しまして   [管理番号:3499]
HER2陽性かトリプルネガティブという事だと思われるのですが、主治医からは術前化学療法と、術後化学療法の2択を提案されました。
抗癌剤を先にやると半年以降に手術になりそうです。
(田澤先生が疑問視され
ている見えない癌を叩くに近い表現でした。)
来週のリンパとMRIの結果次第ですが、本人はここ2週間でどんどん大きくなってきてるようで痛い、全摘で良いから取りたいとの事なのでやはり手術可能ならば先に手術を行いたいと思っています。
触れたりしても痛くリンパもズキズキするとの事です。
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

石灰化が増えて細胞診結果待ちです。   [管理番号:562]
その石灰化は2ミリほどの範囲にたぶん5、6粒ぐらい集まっていたと思います。そこの細胞をとって検査すればはっきりするけど、2ミリしかないのでとってしまうとどこに石灰化があったかわからなくなるので、金属を埋めることになると言われました。その先生は半年後にまた再検査で良いのではないかとおっしゃったのですが、先生ならどう判断しますか?<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳頭からの分泌物について   [管理番号:3498]
8月(中旬)日に左の乳頭の1つの穴から、しぼると分泌物がでました。
右からはしぼってもでませんでした。

色は見た目はクリーム色~乳白色で、ティッシュにとると黄色っぽい(初乳のような色)かんじでした。

量は小さな水滴1滴程度が2、3回でました。
乳頭に滲むかんじで、たれてくるようなことはありませんでした。
分泌物トータルで0.5mlにも全然及ばない量かと思います。
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。