乳がん手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳癌の診断ですが・・   [管理番号:3447]
約2年前に何気ない気持ちでマンモを受けたら右胸にしこりがあると言われました!
細胞診の結果問題なかったのですが、念のため半年おきにマンモとエコーの検査を交互に受けていました。
今年の1月まで異常がなかったのですが、7月下旬のマンモの結果左胸に乳腺歪みがあると言われ細胞診をし結果が悪く『癌と思ってて』と言われ、今は組織診の結果待ちです。
しこりはないと先生に言われたのですが、明らかに左胸にしこりはあります。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

怖いけどがんばります!   [管理番号:3493]
7年ぶりに受けた検診でエコーに引っかかり、
当日針生検をして左胸内側上部の一番大きな8ミリのものが
『非浸潤性小葉癌』だと判明しました。

オペに向け近々MRIや骨シンチを予定、という段階です。

ER(+100%) 、PgR(+100%)、HER(-)です。

宣告された日は放心状態でしたが、
7年ぶりの検査で早期で見つかるなんて、こんなラッキーなことはない!
と自分に言い聞かせて生きていく心構えはできました。

Q1
私の場合、他の小葉部分に多発がなければ部分摘出は可能ですか?
また多発があれば全摘が必要ですか?
ちなみに右乳は良性でした。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性小葉癌 6cmについて   [管理番号:3280]
乳癌と告知を受け、(下旬)日に左胸全摘、リンパも取り結果を(下旬)日に待つ身です。
発見されたとき、6cmと非常に大きくまたリンパにもいっているということ。
小葉癌ということで予後がとても心配になっています。
質問ですが、
1.右胸にも転移する可能性。
右胸も全摘するべきだったのでしょうか。
(知人がそうしていました)
2.どういうような治療法が待っているか。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤の追加について   [管理番号:3492]
抗がん剤の追加についてお伺いします。

病理結果は浸潤性乳管癌で
しこり9mm×8mm
ER90 PR50
ki67 50%
異形度2
HER2 3+

現在AC×4を終了し来週からハーセプチンが始まります。

AC×4、ハーセプチン、放射線、ホルモン治療の予定なのですが、それにドセタキセルを追加するかどうかで迷っています。

しこりが1cm以下でリンパ節転移もないのですが、ki67が50と高いことと年齢(37歳)を考えてどうなのかと。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳頭の分泌物   [管理番号:3491]
乳頭から透明の分泌物が出ます。

気づいたのは6年ほど前で、出てるのは必ず決まって右側の乳頭の1つの場所からのみです。
他の場所からは、一切出ません。

搾るように力を入れてつまむと、プクッと1.2ミリほど出てきます。

色は無色透明で、ややねっとり、少し粘り気のあるものです。
<女性:26歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

断端陽性。全摘出か追加部分切除か。   [管理番号:3490]
断端陽性なので全摘出しか選択肢がないと覚悟しましたが、
「全摘出してしまうのが間違いないですが、ただ、上部や脇方向にはがんが検出されていないので、もう一度、追加で2センチ程追加部分切除手術、ホルモン治療プラス6wの放射線治療。という選択肢もあります。」
とおっしゃっていただきました。

切除部分から1ミリ未満もあり、取り切れるかは賭けになるということ。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。