乳がん手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

再建の方法について   [管理番号:3483]
片側全摘、センチネルリンパ節生検のみ。

術後、ノルバテックスとリュープリン治療。

同時再建が希望でしたが、
手術した病院では対応していませんでした。

落ち着いてから二次の自家組織を勧められました。

インプラントは感染症もあるし、入れ替えが必要なので実施しない。

自家組織は温かいし一生ものだからという説明で、
選択の余地はありませんでした。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:3456]
術後の病理診断です。

Invasive ductal carcinoma ,scirrhous carcinoma,of the left breast,,CD,partial resection WHO Grade 2,pT2(2.2cm),f,n(+,1/1 sentinel in
frozen,0/9 LI) margin(+)

ER:90%,強‐中
PgR:90%,強
HER2:0(IC,in situ lesion)
MIB-1:M-GI(<20%)
PS19%(64/344)
D2-40:ly(+),s(1+)

<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

母の乳ガンについて   [管理番号:3482]
母の乳ガンが発覚しました。

7月にマンモ、エコー、生検、造影CT,MRIを行い、来月手術の予定です。

生検の結果では、核グレード1、ホルモン陽性、ハーツー陰性、ki-67 30%、大きさは、しこりと周りに浸潤しているのを合わせて5センチ程度と言われてます。

検査では転移所見ないとのことですが、最近やけに空咳が気になります。
癌が発覚してから色々気にしすぎなのかもしれませんが…激しい咳ではなく1日に何回かなんですが…
画像にはうつらない、微少に転移してるのではないかと心配です。
<女性:63歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳腺症   [管理番号:3481]
乳腺症ではないか
と書かれていますが、
つまりあたしは乳腺症ということですか?
4ヶ月前にエコーとマンモをしましたが、
しこりはなかったのですが、
それでも乳腺症なんですか?
乳ガンの可能性もあるということですか?
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

段端陽性と今後の治療について   [管理番号:3480]
①段端陽性の説明で、”検体右側の剥離面に乳管内成分の露出を認め
る”とあり、その部分を追加切除したのですが、そもそも乳管内成分、というのは癌細胞のことなのでしょうか?

②検体の輪切り写真のようなものを見ながら説明を受けたのですが、癌の周りに点々で印がしてあり、その点が1箇所だけ検体からはみ出ている(=その部分を追加切除した)のですが、点が検体ギリギリまで来ている部分もありました。
点は癌の周りにランダムにあるように見えるので
すが、切除した部分以外にも残っていたり、乳房全体に広がっている可能性があるのでしょうか。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

娘結節のある場合の術式   [管理番号:3479]
MRI画像所見
右乳腺D領域に径13mm大の造影結節あり daynamic studyでrapid-
plateauの造影パターン
上記乳頭側に6mmの造影結節あり
遅延相で上記2病変の周囲にも造影結節あり 乳管内進展/娘結節の可能性、これも含めると3cm強の広がり
リンパ節転移疑う所見なし
T1c(m)N0
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。