乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の不安   [管理番号:3476]
○病理結果は面談書という紙に主治医が書きながら説明されました
帰宅して改めて見ると 面談書には癌の大きさ1.5cmと書かれてますが地域連携で他院に受診する時用のノートには腫瘍径0.8cmと書かれていました これは違うものを指しているのでしょうか?
記載ミスなのでしょうか?
○転院した先ではKi67は必要な時しか調べていないと言われましたが
調べなくて大丈夫ですか?前院のマンモトームでは調べてます
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん検診の結果   [管理番号:3475]
昨年も受診しましたが、結果は触診・エコーともに異常なしでした。

しかし、今年は「A域、E域に低エコー腫瘤が見つかったので12ヶ月後に再検診を受けること」というような内容が書いてありました。

ここで、何点か疑問が起こりました。

まずA域、E域とはどこなのか?
次に腫瘤があるのに12ヶ月後の再検診でいいのか?
良性か悪性か現時点ではわからないから、1年後なんてのんきなことを言っているのか?
腫瘤の大きさはどれほどなのか?
<女性:27歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

治療法について   [管理番号:3474]
術後の傷が化膿して、抗がん剤が始められない中、6月中旬に、エキスパンダーの水入れ後に高熱が出て、エキスパンダーの周りに膿が溜まりエキスパンダーを摘出しました。
何故、2ヶ月たってこのようになったかは分からないそうです。

その後、7月下旬から抗がん剤TCを始めましたが、8月上旬より高熱が出て、右胸に膿が溜まり、胸にドレーンを入れ膿をだしました。

CTで見たところ、肋骨の軟骨に菌があり軟骨が薄くなっているとの事でした。

そこで、先生より以下の提案をされたのですが、悩んでおります。
田澤先生でしたら、どの方法をおすすめしますか?
①胸にドレーンを入れ膿を出しながら、抗がん …

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

センチネルリンパ生検   [管理番号:3473]
乳癌の温存手術を受けました。
術前病理は、
浸潤性乳管癌 ER+100% PgR+80%
Her2 DISHで陰性 グレード1
腫瘍の大きさは約1.5センチ リンパ節への転移はなさそうとのことでした。

ルミナルAだし、早期だから標準治療をきちんと受ければ心配ないと思っていたのですが、手術の時センチネルリンパ節がみつからなかったとのことなのです。

リンパ管を一部取って陰性だったことと、大人しいタイプの癌であることから、リンパ節郭清はしなかったとのことでした。
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。