乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:2669]
性別:女性
年齢:50歳

質問失礼します。

いくつか質問をさせてください。

先日 母が左乳房の全摘手術を受けました。

術前検査では 腫瘍の大きさ12mm、転移などはみられず、
ステージ1の段階であるとの話でした。

所見については
ER(+.95%)
PGR(+.95%)
Her2(1+.陰性)
ki67 40%
組織学的にN/C比が高く核の腫大、核形不整を示す異形細胞が乳頭状、
管状に浸潤し、一部ではmicropapillary patternを示す。
一部乳管内病変が
認められ、cribriform-comedo patternを示す。
浸潤部にp63染色にて明ら
かな筋上皮との二層性は認められない。

とのことでした。

センチネルリンパ節生検においても
転移は認められなかったということで郭清はしていません。
数日後病理結果を聞くことになっています。
そこで質問なのですが、母の癌のルミナール?というのはどのタイプになるでしょうか?
それと術後7日目に退院したのですが、脇の部分にしこりのようなものがあるといっています。

突っ張りもあるということなのですが術後よくあることなのでしょうか?
しこりについて とても気にしています。
先生のご見解を聞かせていただけると幸いです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

cT1c(12mm), cN0(センチネルリンパ節生検で陰性であり、pN0と想像される),
cStage1, luminalB(Ki67=40%)

「母の癌のルミナール?というのはどのタイプになるでしょうか?」
⇒ルミナールタイプとは「ER+のタイプ」をいいます。(ホルモン療法の感受性あり)

 ルミナールタイプは以下に細分化されます。

 ①ルミナールA ER+, HER2-, Ki67低値
  術後の治療法 ホルモン療法単独

 ②ルミナールB(HER2-) ER+, HER2-, Ki67高値
  術後の治療法 ホルモン療法+抗ガン剤

 ③ルミナールB(HER2+) ER+, HER2+
術後の治療法 ホルモン療法+抗HER2療法(ハーセプチン+抗ガン剤)

 ♯ 質問者は上記②に相当します。
 このように、「抗ガン剤をするかどうか」は「リンパ節転移などの進行度とは無関係に癌のタイプ(これをサブタイプと呼びます)によって決まる」のです。
 

「 それと術後7日目に退院したのですが、脇の部分にしこりのようなものがあるといっています。」
⇒リンパ液が腋窩に貯まっているのかもしれません。
 

「突っ張りもあるということなのですが術後よくあることなのでしょうか?」
⇒通常、「センチネルリンパ節生検」では起こりません。

 腋窩郭清を行うと「リンパ液が貯まる」ことがあります。
 

「しこりについて とても気にしています。」
⇒心配ありません。
 いずれ吸収されますし、外来受診すると(多く貯まっている場合には)注射器で穿刺吸引するでしょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。