乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5376]
性別:女性
年齢:52歳

乳がんしゅん潤がん、ステージI
腫瘍大きさ13ミリ
左胸
トリプルネガティブ
悪性度1
Ki67  40%
脈管侵襲 なし
リンパ節転移なし

7月後半に全摘出しました。

医師からは、9月からのFEC抗がん剤治療4クールを勧められていますが、腫瘍の大きさが小さいこと、がんの顔つきがよいこと、ガイドラインで10ミリまでは抗がん剤の必要はないこともあり、非常に迷っています。

当方、体力に自信がなく、薬の反応も大きい体質と自覚しております。

抗がん剤治療をなしにしてよいものかどうか、アドバイスいただけると幸いです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「抗がん剤治療をなしにしてよいものかどうか、アドバイスいただけると幸い」
⇒当然、すべきです。
 トリプルネガティブの場合は(抗癌剤が)唯一の治療なのです。

 10mm以上の場合には「抗癌剤を勧めない」ことはありません。

 ★副作用を恐れる気持ちも理解できますが…
  「やってもみないのに諦める」というのはお勧めしません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。