[管理番号:6140]
性別:女性
年齢:42歳

勉強不足で質問させていただくことをお許しください。

2年程前、卒乳直後に、右C領域に9ミリのしこりがありバネ式針生検をしました。
結果乳腺症とのことで半年~1年間隔で経過観察してきました。

今まで変化なしだったのが、昨年9月のエコーで、今までのしこりのすぐ上に三ミリの腫瘤があるとのことでした。
新しいものができたことに不安を覚え先生に聞くと、
今まで見落としていたのかもしれず新しくできたかどうかはわからない、心配することはないので1年後でよいが、心配なら半年後にと言われました。

先日受診すると、マンモでは右でなく左が白くなっているところがあるが心配するものではない、
そしてエコーでは三ミリの腫瘤のほうは確認できず、しかし 右下と左側外側にともに6ミリほどの腫瘤がある(触診では確認できず)。
半年後に大きくなっているようなら針生検をすると言われました。

質問させていただきたいのは
 今回確認されなかった三ミリの腫瘤は、消えたということなのでしょうか
 半年弱で6ミリの腫瘤が2つできたということは異常なことではないのか
 半年も放っておいてもよいものでしょうか
 針生検をするとしたら、一度に数か所できるものでしょうか

すみません 回答を宜しくお願い致します

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

エコーは(実際は、あらゆる画像診断がそうですが)本来「立体」のもの(病変)を「平面」で見ているので、「見逃し(怪しいものが、怪しく見えない)」もあれば、
「過剰発見(怪しくないものが、怪しく見えてします)」も両方あります。
ある程度以上の大きさ(6mm?)であれば、上記バラつきが減ってきますが、「3ミリ」となると、いくらでもありえることなのです。

「今回確認されなかった三ミリの腫瘤は、消えたということなのでしょうか」
⇒もともと今回が「見逃し」なのか、前回が「過剰発見」なのか。
 技師さんのエコーですよね?
 それであれば、むしろ「過剰発見」がありそうです。(仕事熱心のあまり、「どうでもいいもの」も指摘しがちだからです)

「半年弱で6ミリの腫瘤が2つできたということは異常なことではないのか」「 半年も放っておいてもよいものでしょうか」
⇒これは、その「所見」によります。

 担当医が「経過観察」としたのは(大きさは6mmでも)「これ、本当に腫瘍か?
 ただの脂肪?」みたいな「大した事がない所見」だからだと推測します。

 ★もしも、「積極的に腫瘍を疑う所見」ならば、当然「組織診すべき」です。

「針生検をするとしたら、一度に数か所できるものでしょうか」
⇒勿論です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。