乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5717]
性別:女性
年齢:68歳

68歳の母が乳がんと診断されました。
左の乳房の乳首の近くに、2つほど潰瘍ができて気付いたそうです。

遠方に住んでいるため娘の私は診察には同席できておらず、少し疑問があるので先生のご意見を頂きたいです。

○針生検結果
浸潤性乳管癌
左乳房に6センチの腫瘤
ER 3/3%
PR 3/3%
HER2 0
Ki67 15%
腋窩リンパに転移あり(細胞診している)
と記載されています。

その後、遠隔転移の有無を確認するためCTと骨シンチ、血液検査を受け、下記の結果が出ました。

○CT結果
左乳癌(+)、Φ5cm
皮膚に浸潤しています。
娘結節をともなっています。

左腋窩に複数のリンパ節(+)。
少なくともレベル1の1つは円形であり、転移と考えられます。

他は、反応性との鑑別が困難です。

遠隔転移を疑う初見はありません。

食道裂孔ヘルニア(+)
肝嚢胞(+)
両腎嚢胞(+)
大腸鼓室(+)

○骨シンチ
全身骨にて明らかな転移初見ありません。

○腫瘍マーカー
CEA …1.8
CA15-3 … 11.8
BCA225 …44.3
全て基準値より下

主治医は「この程度であれば乳癌初期の状態。まずは手術してから検査し、治療方針を決める。おそらくホルモン療法になると思う」と言っていたそうです。

ステージの説明はなかったとのこと。

遠隔転移を覚悟していたので結果にはホッとしたのですが、腫瘍が5センチあり皮膚浸潤を伴っているので、乳癌初期の状態という説明はおかしい気がします。

ステージ的には3Bの局所進行乳癌に該当するのではないでしょうか?
それとも、潰瘍を伴っていても広範囲でなければあまり気にすることなく、腫瘍径5cmと腋窩リンパの転移という点でステージ2b程度と判断されたのでしょうか?

潰瘍を伴っているのに初期 という医師の発言で、信用できるのかと不安になってしまいました。

局所進行癌でも潰瘍が広範囲でなければすぐにオペでき、根治は狙える状態ということでしょうか?
また腫瘍が大きいのですが、術後の病理検査でルミナルa の場合、田澤先生ならどのような治療をなさいますか?

色々と質問してしまい申し訳ありません。

ご意見をいただきたいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「主治医は「この程度であれば乳癌初期の状態。まずは手術してから検査し、治療方針を決める。おそらくホルモン療法になると思う」
⇒私も同意見です。

 確かにステージとしては(潰瘍形成があれば)cT4b, cN1, cStage3Bとなりますので「早期」にはあたりませんが…
 ☆重要なことは「手術ができて(手術不能状態ではない)、術後に抗癌剤も不要」という意味では正しい表現なので(患者さんを安心させるために)「この程度なら、初期の部類」という医師のコメントには大いに賛成します。

「ステージの説明はなかったとのこと」
⇒逆に(質問者に)聞きますが…

 患者さん(お母さん)に「あなたはステージ3、進行しています」と言って欲しいですか??
 私は、その医師に大いに賛成です。(患者さんに無駄な心配をさせることは「百害あって一利なし」です)
 この場合、「必要以上に軽くいうことで、治療方針に狂いが生じる」と問題となりますが(冒頭でコメントしたように)「どっちみち、やること(治療法)は同じ」なのです。(希望があることで)「治療にモチベーションをもってもらうこと」それが重要です。

「腫瘍が5センチあり皮膚浸潤を伴っているので、乳癌初期の状態という説明はおかしい気がします。」
⇒(上記で)ご理解いただけましたか?

「ステージ的には3Bの局所進行乳癌に該当するのではないでしょうか?」
⇒その通りです。
 ただし治療法は「ステージ1と何ら変わらない」ことも事実です。

「それとも、潰瘍を伴っていても広範囲でなければあまり気にすることなく」
⇒その通りです。
 きちんと「取れればいい」のです。

「腫瘍径5cmと腋窩リンパの転移という点でステージ2b程度と判断されたのでしょうか?」
⇒実質的な「予後」は、その程度となります。

「潰瘍を伴っているのに初期 という医師の発言で、信用できるのかと不安」
⇒それは違います。

 医師は(必要以上に)患者さんにショックを与えることで「後の治療に支障をきたす」ことは避けるべきなのです。

「局所進行癌でも潰瘍が広範囲でなければすぐにオペでき、根治は狙える状態ということでしょうか?」
⇒まさに「その通り」です。

 ここ江戸川でも(特に高齢者は)同様な状態で初診となることがしばしばあります。
 それらの方達は、(確かにステージ3Bですが)きちんと手術すれば、再発もなくホルモン療法だけで元気に通院されている。それも厳然たる事実なのです。

「また腫瘍が大きいのですが、術後の病理検査でルミナルa の場合、田澤先生ならどのような治療をなさいますか?」
⇒無論…
 ホルモン療法単独です。(抗癌剤などしません)

 ただし、「リンパ節の状況(4個以上あったなら)」や潰瘍の状況などで「放射線治療」は候補となります。(70代後半なら省略するかもしれませんが、元気な60歳代なら当然適応となります)

 
 

 

質問者様から 【質問2 今後の治療方針、予後について】

性別:女性
年齢:68歳

ステージについて

管理番号5717
11月に質問させていただいた者です。
その節は大変お世話になりました。
ありがとうございます。

母は先月、左胸の全摘手術とリンパ節郭清をしました。

病理検査の結果、
癌の大きさ術前5cm→ 術後7cm
リンパ節転移5/20
ki67 術前15→術後30%
ER 3/3%
PR 3/3%
HER2 0
ステージ3の診断でした。

癌の大きさが思っていたより大きく、リンパ節転移も多かったため、抗がん剤(EC療法4回、その後タキサン系を4回)→放射線治療→ホルモン療法 という治療順で行なっていく(ただ、現在歯の治療をしているのでホルモン療法を先に始めて、治療が終わったら抗がん剤)と言われたそうです。

術後の病理結果が思ったより悪くショックです。

ki67 が30パーセントなので、ルミナールBの可能性もありますよね…。

質問は下記3点です。

1.田澤先生なら今後どのような治療をしていきますか?
2.このような状態での5年生存率、10年生存率はどの程度のものでしょうか?
3.春からもうすぐ一歳になる子供を連れて母と同居予定なのですが、保育園に入るので風邪をもらってきそうです。
抗がん剤治療をする母との
同居は避けた方が良いですか…?

平均寿命まで生きていてほしい気持ちでいっぱいです…。

お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答2】

今日は。田澤です。

「1.田澤先生なら今後どのような治療をしていきますか?」
⇒OncotypeDXを勧めます。

 
「2.このような状態での5年生存率、10年生存率はどの程度のものでしょうか?」
⇒70-80%位でしょう。

「抗がん剤治療をする母との同居は避けた方が良いですか…?」
⇒考え過ぎです。

 気にする必要は全くありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。