乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:4391]
性別:女性
年齢:45歳

田澤先生おはようございます、初めてこちらでご相談させていただきます。

昨年10月の終わり、乳ガンセルフチェックで、右の乳房を絞ったほんの少し出血があり、
二日後近くの乳線外来のある病院を受診しました、分泌物の検査とエコー触診を受け触新でもしこりは柔らかく小さいので良性のおできような物なので、3ヶ月後に検診となり、
3ヶ月後まだ出血があり、エコーでしこりのような物が倍に大きくなっているので、
細い針で細胞診をし1週間後の結果で、クラス5非浸潤性乳ガンですと言われました、手術の出来る病院に移り、針生検をし、マンモなどの検査を受け組織診断の結果は、Her2
score3 ki 67LI60% 説明では、殆どが乳管にとどまっているが、浸潤性増殖小領域が散在性にみられるとの事でした。

かなり悪性で進行も早いのでと説明を受け、もうどうしたら良いのか毎日胸が苦しくなり
ます、手術は3月中旬の予定です、抗がん剤を先にするか、手術を先にするか選んでくださいと言われましたが、何もわからずまさかまさかこんな事になるとは思っていなく、当初の予定通り手術を先にお願いしましたが、これで良いのか正直わかりません。
子供の事を考えるとまだまだ生きていきたいので、田澤先生私はそんなに酷い情態なのでしょうか、転移しやすい癌との事で、今週petCTをします、転移していたらと思うと怖くて仕方がありません。
長文になり、また知識もないので分かりづらい文面で申し訳ありません、
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

まずは冷静になりましょう。
10月(僅か4カ月前です)に「経過観察」となったような程度の腫瘍が、現在「酷い状況」など、とんでもない誤解です。

おそらく担当医が脅かす様な言葉「HER2陽性で進行が早い」などを間に受けているのでしょうが、全くのでたらめです。

○事実は「殆どが乳管にとどまっている=早期乳癌」です。

「抗がん剤を先にするか、手術を先にするか選んでくださいと言われました」
⇒全くの「誤った診療」です。

 術前抗がん剤の適応はそもそも「小さくして温存」であるし、しかも今回は「浸潤部分が殆ど無い=そもそも抗がん剤の適応自体が無い」可能性もあるのです。

「予定通り手術を先にお願いしました」
⇒正解です。

「転移しやすい癌との事で、今週petCTをします」
⇒全く無駄な検査です。

 「殆どが非浸潤癌である=早期乳癌」なのに遠隔転移を想像する事自体、その医師は「未熟極まりない」
 もしも質問者に勇気があれば、「無駄で有害な医療被曝を避ける」ために、断りましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。