乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:448]
性別:女性
年齢:36歳

元々、4年程前から、乳がん検診でのう胞を指摘されていました。

4月中旬に自分で胸を触って(自己検診)初めてしこりを感じて驚き、病院に行くと「のう胞でしょう、念のため半年後にもう一度着てください」と言われ安心していました。

そして一か月が経ち、昨日、胸を見ると、しこり部分の肌表面が凸凹していて、目でもしこりがわかるようになっています。大きくなっているように思えます。

もう一度同じ病院に行ったほうがよいのでしょうか。
(2015年5月の質問)

 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「のう胞」ですね。
 「目に見えて大きくなっている」のでは気になる気持ちは解ります。

回答

「もう一度同じ病院に行ったほうがよいのでしょうか。」
⇒少し様子を見ましょう。
 

 理由は2つあります。

  1. 4月中旬に病院で見てもらっている。
     さすがに、「急に大きくなるような」腫瘍を「のう胞」と間違いないでしょう。
     やはり、「のう胞」なのだと思います。
     
  2. 女性ホルモンの影響もありそうです。
     36歳という年齢からは、「のう胞が急速に大きくなる」事も、考えられます。

 

★女性ホルモンの影響であれば、1カ月以内に「小さくなる」でしょう。
 もしも1カ月しても「小さくならない」場合には「受診して確認」してください。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。