乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:403]
性別:女性
年齢:48歳

初めて質問させていただきます。

今年2月、市の乳がん検診(乳房エコー)で、左AのDCISs/o、右Cの腫瘤指摘ありとの事で、3月に総合病院にて針生検・バコラ生検・CT・MRI検査を受けました。

検査結果は、左乳腺Vacora生検3本:Mucocele-like lesionで悪性の可能性を除外できない。検体適正。鑑別困難。

右乳腺Vacora生検3本:浸潤性乳管癌(a1)の所見。核グレード1。免疫染色の結果は、ER:陽性、PgR:陽性、HER2:1+、Ki-67:約28%で陽性。

右腋窩リンパ節:判定不能(3回)。

CT、MRIでは転移なしでした。

右側のしこりは2cm位の浸潤性乳管癌と確定診断が下されましたが、左側と、右側リンパのしこりはグレーのままです(画像では明らかに異型だそうです)。

今後の治療方針として、右側の温存手術をする際に、左側のグレーゾーンも一緒に取って、リンパ節もレベル1(ここにあるそうです)の部分を切除する事を提案されました。

ただ、左側もエコー上では2cm位で広範囲の切除になるため、形が崩れるから全摘にして、バランスもあるので右も全摘+再建ということも・・・と。

まだグレーの段階で両乳、リンパを全部取ってしまうのは納得いかず、セカンドオピニオンを受けました。

そちらでは最小限の切除での治療を希望したところ、左は細胞検査できるだけの最小限に、右の癌は部分切除、リンパ節も切除という提案でした。

それでも納得がいかず明日、最後にもう1度セカンドオピニオンに行きます。

悪いものは早く治療したいです。

でも、正常かもしれない部分まで切除することに躊躇してしまいます。

このような3箇所のしこりを抱えた場合、今後どのように治療をするのが最善でしょうか。

長文すみません。もし、先生のご意見が伺えたらと思い、質問させていただきました。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 状況は解りました。
 どう考えても最初の病院の方針は乱暴だと思います。
 私の意見を述べさせてもらいます。

回答(私の意見)

「左側もエコー上では2cm位で広範囲の切除になるため、形が崩れるから全摘」
⇒これは全く賛成できません。

 術前の「癌の確定診断無しで」乳房切除は全く問題外です。
 

「リンパ節もレベル1(ここにあるそうです)の部分を切除する事を提案」
⇒これにも賛成できません。

 「細胞診で陰性(担当医の細胞診技術に問題があるのかもしれませんが)」である以上、「(最初から)腋窩郭清は過剰侵襲」です。
 私であれば、「センチネルリンパ節生検」を行い、そこで(術中、センチネルリンパ節に転移が見つかれば)腋窩郭清を追加します。
 

「今後どのように治療をするのが最善でしょうか。」
⇒私であれば(全く迷うことなく)以下のように勧めます。

 右乳房温存術+センチネルリンパ節生検
 (同時に)左乳腺部分切除(外科的生検) 2cmの腫瘍は完全に切除します。その上で「どの位のマージンをつけるか?」は患者さんと相談の上決めます。
 ※癌を想定して「マージンをつけておくか?」良性であった際に(勿体なくないように)「マージンをつけず最小限の切除にするか?」患者さんの希望に合わせます。
 

◎左の「Mucocele-like lesion」は(外科的生検による)最終診断で「癌となる可能性」があり当然、同時に切除すべきです。
 針生検(マンモトーム生検を含む)では何度やっても確定診断にたどりつくのは困難なのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。