[管理番号:6267]
性別:女性
年齢:46歳

はじめまして。

乳癌になってから、不安でこちらのサイトにたどり着き、たくさんの勉強をさせて頂くことで、
前向きになれました。
ありがとうございます。

早速なのですが、
3/(中旬)に右乳房全摘出手術+センチネルリンパ節生検をしました。

術前の造影CTでもう一つ怪しいシコリが発見されましたが、
元々全摘出手術希望でしたので、そのまま手術先行となりました。

術後、病理検査の結果は以下の通りです。

・腫瘍サイズ 0.8×1.1×1.0cm
・核異形Score 2
・核分裂像Score 1
・核グレード 1
・リンパ管侵襲 ly1 静脈侵襲 v0
・ホルモン受容体 65%以上(強陽性)
・Her2 スコア0
・ki67 7%

CTで見つかったもうひとつのしこりも非浸潤癌でした。

こちらは、0.8×1.2×1.0cm

センチネルリンパ節 色素法で1個採取し、微小転移(1×1㎜)が見つかりました。

主治医からの説明では、センチネルリンパ節に転移はありましたが、微小転移なので、
追加の郭清はせず、全摘出手術なので放射線治療もないです。

ルミナールAなので、今後はノルバテックス20の服用でいきましょうと言われました。

そこで、質問です。

1. センチネルリンパ節に微小転移ですが、放射線治療は不要なのでしょうか?
温存手術でしたら放射線は必須なので、ついでに照射してもいいけど、全摘出なので、
わざわざ脇の下だけ放射線治療を追加する必要はありません。
と言われました。

温存手術ならやるとか、私が聞きたいのはそういう事ではなかったのですが・・・。

2. センチネルリンパ節というのは、1個だけなのでしょうか?
2個採取して1個転移していた。
などという方が多かったので、不安になりました。

3. もう一つの癌は非浸潤癌なので、手術で全て取り切っているので、気にしなくて大丈夫です。
と言われたのですが、複数個あった場合の方が、再発リスクは上がるのでしょうか?

4. 私のようなケースでは、リュープリン注射は不要なのでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「主治医からの説明では、センチネルリンパ節に転移はありましたが、微小転移なので、追加の郭清はせず、全摘出手術なので放射線治療もない」
「ルミナールAなので、今後はノルバテックス20の服用でいきましょう」

⇒正しい!

 このQandAには(微小転移に過剰反応して)「抗癌剤をやる」とか「放射線をかける」と言いだす医師が多いのには辟易していました。

「1. センチネルリンパ節に微小転移ですが、放射線治療は不要なのでしょうか?」
⇒不要です。
 臨床試験で証明されています。

「2. センチネルリンパ節というのは、1個だけなのでしょうか?」
⇒1個です。(一番最初にリンパ管が入ってくるリンパ節は1個です)

「複数個あった場合の方が、再発リスクは上がるのでしょうか?」
⇒無関係です。

「4. 私のようなケースでは、リュープリン注射は不要なのでしょうか?」
⇒不要です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。