乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:6353]
性別:女性
年齢:40歳

妻が、左胸に痛みを感じ乳腺クリニックを受診。
乳がんの疑いがあると診断されエコー下での針生検と細胞診をしました。

検査後も妻は左脇や左胸がチクチクと痛むようで凄く気にしています。

再来週、検査結果がでる予定ですが、それまでの間不安でたまりません。

子供が幼く、これからのことに夫婦で不安な日々を過ごしております。

妻のがんの状況、今後の治療法について最善な選択をしていくために確認する事は何がありますでしょうか。

妻は乳房を失うことになっても、子供のためにも今までの生活を一日でも長く続けたいという思いでおります。

現在までの流れ
3年ほど前、左胸のチクチクした痛みが気になり近隣の乳腺専門医で診察。
マンモとエコーの結果、おそらくホルモンの影響なので心配することはないと診断。

その後、一昨年、昨年と甲状腺疾患や流産をし、その後、生理周期とは関係のない左胸の痛みと左腕のしびれが気になり、先週、別の乳腺クリニックを受診。
針生検の結果待ち。

特に左腕のしびれが気になったため、入念にエコーをしてもらったが、
リンパには異常なしとの診断。

心臓にも軽度の疾患があるためその影響か循環器内科でも相談したが影響はないだろうとのこと。

お忙しい中、申し訳ありませんがが、田澤先生のお考えやこれからすべきことを教えていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「左脇や左胸がチクチクと痛む」
⇒『今週のコラム 111回目 大事なことは、これら①~④の病気など世の中には無いのです。それは(我々医師には)自明なことなのです。』を是非ご一読を。
 これらの症状を乳癌と関連付けることは、全く無意味です。

「生理周期とは関係のない左胸の痛みと左腕のしびれ」「特に左腕のしびれが気になった」
⇒『「生理と関係なく、胸や脇が痛い」方は、QandA「左胸と背中の痛み」をまずはご一読ください。
をご一読ください。
 100%(年齢からくる)ホルモン刺激症状です。
 乳癌と結び付けるのは、今すぐ止めましょう」

「妻のがんの状況、今後の治療法について最善な選択をしていくために確認する事は
何がありますでしょうか。」

⇒物事はシンプルに考えましょう。

 乳癌の治療は「局所治療」と「全身治療」に分けるのです。

 「局所治療」は、MRIにより拡がり診断を行い下記1もしくは2を選択
   1.全摘
   2.部分切除+放射線 「入念にエコーをしてもらったが、

 「全身治療」は、(局所治療で1と2のどちらを選択したのかとは全く無関係に)サブタイプにより決めるのです。
   ルミナールAならホルモン療法
   ルミナールBならホルモン療法+化学療法
   HER2陽性なら抗HER2療法
   TNなら化学療法

「お忙しい中、申し訳ありませんがが、田澤先生のお考えやこれからすべきことを教えていただきたいと思います。」
⇒上記を理解していただけましたね?

 把握すべきは、
 1.MRIによる拡がり診断⇒術式の選択
 2.サブタイプ⇒術後の全身療法
 3.ステージ(腫瘍の大きさとリンパ節転移の程度)⇒予後の予測

☆物事はシンプルに考えなくてはいけないのです。

 
 

 

質問者様から 【質問2 生検結果まち】

性別:女性
年齢:40歳

管理番号6353で、先週質問させていただきました。

田澤先生、お忙しい中ご回答ありがとうございます。

とてもよくわかりました。

先日は、突然の出来事に憔悴していた私に代わり、夫が乳がんプラザを知り「田澤先生は信頼できる先生だ。
ぜひ先生に診ていただきたい」と質問してくれたのですが、夫婦ともに半ば告知に近い初診に動揺し、過去のQ&A等を熟読しないまま、心配のあまりネガティブな質問をしてしまい、大変失礼いたしました。
物事はシンプルに、ですね。

また、初診の所見をお伝えし漏れたこともお許しください。

あれから、先生のコラムや過去質問を何度も拝見し、自分が今どういう状況にあるのか理解しました。

田澤先生のコラムや過去質問から、画像で見えた石灰化は壊死型石灰化で、エコーでの腫瘍は確認されないものの高エコースポットはある様子でしたので、石灰化の第三段階にあるのではと思っています。

先生のおっしゃるとおり、第三段階から第四段階に移行するタイミングは誰にもわからず、少しでも浸潤のリスクを下げるために、検査結果がわかり次第、気持ちを切り替え、一刻も早く石灰化に精通されている田澤先生に診察していただき、自分にとって最善の治療を受け、早く元の生活に戻りたいと考えております。

日々お忙しい中、大変恐縮ですが、結果がわかり次第、田澤先生に診察と手術をお願いできませんでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

不要かもしれませんが、先日の初診でわかっていることは以下の内容です。

左胸に二箇所の石灰化(石灰化は密集しており、また石灰化の大きさが不揃いのため、悪性の所見)
二箇所の石灰化は3cmほど離れており、一つは小さめで曖昧だが繋がっているかもしれないので、大きく取るかもしれない。

エコーでは、しこりはないが何らかの所見はあるようでした。
浸潤の有無は何も言われませんでした。
腋窩リンパは異常なし。
触診では、右胸に比べると左胸が硬いような気がするとの診断で、翌日エコー下による針生検をし、来週結果が出る予定です。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

前回の回答内容を理解いただき、よかったです。
気になると、いろいろな事が気になりますが事実は極めてシンプルなものであり、やるべきことも自ずと決まってくるのです。

「日々お忙しい中、大変恐縮ですが、結果がわかり次第、田澤先生に診察と手術をお願いできませんでしょうか。」
⇒その際には「秘書メール」してください。


秘書室へメールは、
各ページの右上にある 「秘書室へメール」からご相談ください。
もしくは、こちらのリンクをクリックしてください。

 
 





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。