乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5471]
性別:女性
年齢:68歳

田澤先生
このコーナーで乳がんについて学ぶことができ本当に助かっています。

有難う存じます。
今までと同様な質問とも重なります。
ご多忙の所恐縮ですが宜しくお願い致します。

既往歴:
24年前に乳管内非浸潤がんで左乳房全摘。
投薬なし。

今回:
昨年暮れ位から右乳頭に痛みがあり、またごつごつと硬いかんじがあったため
今年2月に前回と同じ大学病院で受診。
触診、マンモ、エコーの結果問題なしと診断される。

一年後にまた来るようにと。

その後状態が変わらないため7月末に再度受診の結果 エコーでは2月と変化なし。
乳頭なので針生検はできず、皮膚科にて乳頭の細胞切除をして検査。

術前細胞組織検査の結果:
浸潤性小葉がん
ER(+)70%以上
PR(+)70%以上
HER-2 (1+)
KI-67 20-50%
8月末のペットctの結果他に転移なし、
再度のマンモで少し石灰化がみられるとのこと。

最初に正しい診断をされなかった不信からこの時点で転院を決め、新たな病院で10月(下旬)日に手術の予定です。
主治医より、術後治療は ホルモン療法+-化学療法とのことです。

リンパ節への転移の有無で判断されるということだと思います。

また私としてはKI値が高めで気になりますが、化学療法は恐怖が先立ちます。

勧められた場合はオンコタイプDXなどをした方がいいのでしょうか。

乳頭の異常に気が付いてから既に10か月、診断から手術日まで3か月もかかることになります。
時々痛みもありがんが悪化しないかと不安です。
これ位はスタンダードなのでしょうか?
例えば、多発するという小葉がんなのでリンパ節にとんでしまうなどということはないのでしょうか?40日後の手術日までがひどく長く感じられ不安な日々です。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

物事はシンプルに考えましょう。
診療の流れを見ている限り、「乳頭部にしか病変がない=だから癌で無いと診断された」経緯があります。
これは乳腺外科医としはあるまじき失態であることは確かですが、「裏を返せば」それだけ「しょぼい癌」ということなのです。(表現が適切なのか解りませんが…)

また小葉癌は乳腺内に多発し易いですが、それは「あくまでも乳腺内」の話であり、乳腺を全切除すれば何ら不安に成る必要はありません。
(その乳腺外科医が異常無としたくらいなのだから)リンパ節転移はないでしょうが、(もしあったとしても)「全身療法とは無関係」です。全身療法は(ステージではなく)あくまでも「サブタイプで決まる」のです。

「リンパ節への転移の有無で判断されるということだと思います。」
⇒それは化学療法とは無関係です。
 あくまでもサブタイプで決めましょう。

「勧められた場合はオンコタイプDXなどをした方がいいのでしょうか。」
⇒その通りです。

「これ位はスタンダードなのでしょうか?」
⇒問題ありません。

「例えば、多発するという小葉がんなのでリンパ節にとんでしまうなどということはないのでしょうか?」
⇒ありません。
 あくまでも「乳腺内」の話です。

「40日後の手術日までがひどく長く感じられ不安な日々です。」
⇒事実だけを見据えて、心穏やかに過ごしましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。