乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


[管理番号:4660]
性別:女性
年齢:44歳

田澤先生
はじめましてこんにちは。

2月中旬に、自分でしこりを見つけて3月末に左乳房温存手術をうけました。

昨日、術後の病理結果がでました。
わからないので教えてください。

がんの種類:浸潤がん(充実腺管癌)
大きさ:最大径 25mm、T2
リンパ節転移:なし、NO
ステージ(病期):Stage ⅡA、
増殖能:核グレード2
    Ki67:20%(中)
ホルモン感受性:ER90% PgR 100%
HER2蛋白:陰性
脈管侵襲:リンパ管 ly1 、 静脈 V0
切除断端:陰性

局所治療: 手術+放射線25回
病理検査から再発予防として勧められる治療は、
①抗がん剤⇒ホルモン剤
②ホルモン剤のみ
※①を行うメリットは少ないがあるかもしれない。

ホルモン剤がよく効く結果だということでしたし、治療法は①をやっても数パーセントの違いかも?ということだったので②のホルモン剤(タモキシフェン)のみの選択をしてしまったのですが、数パーセントにかけて抗がん剤をやった方がよかったのか?
再発率を考えるとその選択でよかったのかと不安になってしまいました。

がんの種類の充実腺管癌とは?増殖能のグレード2やKi67:20%(中)や脈管侵襲:リンパ管 ly1 とはどういうことをいっているのか?よくわからず?
悪いのではないかと心配になります。

この結果は、早期と言えて根治するのでしょうか?再発、転移も心配です。

お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「治療法は①をやっても数パーセントの違いかも?ということだった」
⇒このような説明の仕方は無意味だと思います。

 実際にはKi67=20%は「ほぼルミナールA]と考えられるので「化学療法による上乗せは期待できない」と(私なら)します。
 もしも「本当に?」と疑問になるのであれば「OncotypeDXをすべき」です。

「がんの種類の充実腺管癌とは?」
⇒乳癌の70%を占める「non specific type(通常型)」である浸潤性乳管癌は更に3つ(乳頭腺管癌、充実腺管癌、硬癌)に分類されますが、そのうちの「充実腺管癌」だというだけの話です。

「浸潤性乳管癌増殖能のグレード2」
⇒核グレードは「核異型」と「核分裂」の和で判定されるため中身が不明ですが…

 「2」は中間です。

「Ki67:20%(中)」
⇒Ki67は「細胞分裂期にある細胞の割合(%)」を示していますが…
 「20」は「(中)というよりは実際は(低)」です。

「や脈管侵襲:リンパ管 ly1 とはどういうことをいっているのか?」
⇒顕微鏡の所見で「リンパ管へ癌細胞が入る様子」を示しているだけです。

 質問者は「リンパ節転移なし」なのだから、「全く無意味な所見」と言えます。

「早期と言えて根治するのでしょうか?」
⇒根治する確率の方が高いことは間違いありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。