乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5735]
性別:女性
年齢:46歳

はじめまして。

田澤先生のコラムとQ &Aは3年ほど前より拝読させていただいています。

というのも、、

2014年12月
入浴時にセルフチェック中、右乳頭から単孔の血性分泌物に気づき、
翌日、市内唯一の乳腺科に飛び込みました。
(当方、かなりの田舎です)

触診、エコー、マンモは異常なし。

分泌物の検査は「擬陽性」と出たため、県立がんセンターを紹介してもらい、
触診、エコー、マンモ、MRI(腕から造影剤を注射した状態で撮るもの)を受けました。

結果はやはり異常なしで、「何かしらの炎症か、傷がついて出血したのでしょう。

毎年欠かさず乳がん検診だけは受けてくださいね」と言われ病院を後にしました。

癌ではなさそうだと言われたものの、出血の原因がはっきりしないことと、
この頃から田澤先生のコラムを読みながら単孔性の出血という点が心配になり、
気休めですが勝手なマイルールで半年おきにエコーとマンモの検査を受けるようにしました。

それから出血もなく、そろそろ安心しはじめた今年、
2017年7月。

下着に血性のシミがついているのを確認。

真っ青になってまた市内の乳腺科に行きました。

触診、エコー、マンモは異常なし。

そして分泌物の検査も今回は陰性でした。

すぐに出血も止まり、先生には
芸能人のニュースに影響されすぎ!とまで言われましたが、
やっぱり出血原因は謎のままだし、今回は絞ったわけでもなく血が溢れてきたことも不安で、
無理を言ってまたがんセンターに紹介状を書いてもらいました。

がんセンターでは、前回と同様の検査を受けました。

シコリは触れないものの、
「乳頭下に7ミリほどの影」
「乳腺の拡張」
「一部石灰化」
がわかり、その場で超音波下での吸引式?の検査を受けました。

でも結果は異常なし。

「気になるところは結構広範囲に吸い取ったし、もう出血もなくなると思うよ。

乳腺症の類だと思われます。
ただ、前回写っていなかったものが今回は写っていたので
注意深く経過を見たほうがいいので、この先2年間、半年おきに受診してください。」
とのことで、次回2018年2月の予約を取ってもらいました。

そして検査後間もない11月、再び下着についた血性のシミを見つけました。

がんセンターに連絡したところ、
1週間様子を見て、出血が止まるもしくは少量であれば2月の受診まで待ってよし。

量が増えたら受診を早めるので再度連絡を。
ということになりました。

確かに出血は少量で、下着にポツポツと数滴つく程度ですが、
一向に変わらない症状に、2月の受診まで長く感じて不安です。

前置きが長くなりましたがいくつか質問させてください。

①田澤先生のおっしゃる乳管造影と言うのは、私が受けた「造影剤」を用いてのMRIも違いますよね?

②吸引式の細胞検査まで受けて異常なしだったと言うことは、現時点では良性の乳腺疾患と受け止めて本当に良いのでしょうか?

③現時点で良性の疾患だとしても、いつ起こるかわからない出血のために毎日下着にティッシュを挟んで生活することに煩わしさを感じます。

田澤先生のコラムで知りました「乳管腺葉区切除」でしたでしょうか、
それを受けたら出血も無くなりますでしょうか?
主治医からはそのような話は出ていませんが、素人の私からそのような提案をしたら失礼にあたることなのでしょうか?
この先も不安な経過観察が続くようであれば、遠方でも一度 田澤先生に診ていただきたい気持ちがあります。

異変に気付いてから3年が経ってしまいました。

もし癌だったら早期治療のチャンスを逃してしまうかも、、と不安でいっぱいです。

お忙しいところ大変申し訳ありませんが、アドバイス頂けますと嬉しいです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

今回のメールを見て、ただ驚いています。(「衝撃をうけている」といっても過言ではありません)

私は、「乳管造影及び乳管腺葉区域切除」が過去の技術として廃れてしまっていることに(このQandAを通して)気づいていました。
 ♯(乳管造影もしないのに)「なんちゃって乳管腺葉区域切除」をしている施設はあるようですが…  乳管造影もしないのに「正しい乳管腺葉区域切除ができる筈がない」ことは、明白です。

ただ、私が認識している限りでは…
  過去に「乳管造影を教わったことがない」乳腺外科医が大量生産されており(それらの医師を育てる側の医師達が、そもそも乳管造影ができないからでしょう)
  ①乳管造影の存在は知っているけど、「見た事もないし、やっている医師も周りにいない」
  ②どうやら痛そうだし、難しそうだ
  のような認識のようです。
 
 ただ、彼らでも「乳頭分泌が乳管内乳頭腫などの乳管内病変のサイン」であるくらいの認識はあり、ただ「それを解決する手段が(彼らには)無いし、(世間的には)それでも十分に許容範囲」というスタンスなのだと理解しています。
 
★しかし、今回は…
 『「何かしらの炎症か、傷がついて出血したのでしょう。』という、この発言は???
 (乳管造影ができるできないのレベルでさえなく)「単孔性分泌=乳管内病変」の認識さえない?? ♯「乳管造影ができない」のレベルを超えて、遥かその先(分泌の意味さえ解らないという究極のレベル)を行っています!!

 「ど肝を抜かれる」とは、まさにこの事です。
  あまりにも「ど肝を抜かれた」ので、自分の肝機能が心配となってしまいました。(つまらないジョークです)

「①田澤先生のおっしゃる乳管造影と言うのは、私が受けた「造影剤」を用いてのMRIも違いますよね?」
⇒全全違います。

 やはりMRIですか…(がっかりです)

「②吸引式の細胞検査まで受けて異常なしだったと言うことは、現時点では良性の乳腺疾患と受け止めて本当に良いのでしょうか?」
⇒全く違います。

 その証拠に「単孔性、血性分泌が続いている」のです。

「③現時点で良性の疾患だとしても、いつ起こるかわからない出血のために毎日下着にティッシュを挟んで生活することに煩わしさを感じます。」
⇒まさに「そういうこと」です。

 乳管腺葉区域切除の利点は3つあると考えています。
 1.(癌だった場合)早期発見 これが勿論1番です。

 2.(良性だった場合でも)将来的に、「同一の乳管系から癌が発生するリスクを回避する」
  ♯これは昔から言われていた(ただ、この技術が廃れてしまうと「昔から」ではなく「昔は」と訂正しなくてはならないかもしれませんね。はー(ため息)

 3.(良性だった場合でも)下着が汚れることからの解放(精神的にも、洗濯的にも)

「田澤先生のコラムで知りました「乳管腺葉区切除」でしたでしょうか、それを受けたら出血も無くなりますでしょうか?」
⇒勿論!

 上記3に当て嵌まります。

「主治医からはそのような話は出ていませんが、素人の私からそのような提案をしたら失礼にあたることなのでしょうか?」
⇒失礼というか…

 それらの医師からは「は? 何それ?」とスマホで調べることでしょう。

「この先も不安な経過観察が続くようであれば」
⇒それらの医師が解決する気配は(残念ながら)無い様です。

「異変に気付いてから3年が経ってしまいました。」
⇒こういう人達が実は沢山いらっしゃいます。

 2017年1月~10月6日まで(9カ月余りの期間)当院で、この手術(乳管腺葉区域切除)をした41名のデータがありますが、21名(51%)が癌であり、その21名中14名(67%)が他県からの患者さんなのです。
 この高率(51%が癌)にまずは驚かされます。

 私が仙台にいたころは、K村先生やH川先生と「この手術(乳管腺葉区域切除)で癌がでる確率は1/6位だね」などと言っていたことを想い出します。
 公○病院に10年間在籍しましたが、そのような認識でした。
 これが、何故「半数以上が癌」という「とんでもない事態」となっているのか?
(いずれコラムで取り上げますが…)
  やはり、それだけ「全国で悩み抜いた人達が集まる=長い経過で悩み抜くにはそれ相応の理由がある」と、解釈しています。
 
 ★質問者には、この数字を参考にしてもらうといいでしょう。

「もし癌だったら早期治療のチャンスを逃してしまうかも、、と不安でいっぱい」
⇒良く解ります。

 今ならまだ、間に合います。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。