乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5461]
性別:女性
年齢:55歳

おはようございます。
よろしくお願いします。

今月 右胸に違和感、楕円のような柔らかいシコリ、透明乳汁血液混じりの乳汁で乳腺外科を受診しました。

マンモとエコーをして乳汁の検査、エコーにて乳管拡張の所見でMRIの予約をとる。

MRI結果、右胸のnippleの直下にかけて結節状の陰影が集簇して連続、造影後 rapit enhancement and presistent~plateauで見られる。

乳腺症の印象もあるが乳がん乳管内進展の可能性も考慮されうる。

エコーと併せbiopsyも考慮してください。

細胞診 クラス3 CEA100
エコー下でバチッと音のする吸引をし 現在結果待ち。

エコー検査は事前に技師さんに印をつけてもらうものですか?
この半年体重が増えなかったのは乳がんと関係ありますか?
心配で1週間乳がん2キロ落ちてしまいました。

素人目にも検査中画像を見ても明らかなシコリは見れなかった。

医者はシコリになる前だと言っていた。
これは何を意味するのでしょうか?病変は乳頭から6センチ程で末期ということですか?
脇の下の腫れは問題ないとのこと。

乳管内の癌を針を刺すことにより広がってしまうことはないのか?
結果は癌だと思ってますが手術は全摘ですか?
病院に不安がある場合の転院のタイミング場合場合今回の結果を待ってからが良いですか?
10日後らしいのですが 判断が難しいと思うと医師が
言ってましたが判断が難しいとはどういうことですか?
お忙しいと思いますがよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

診療内容(分泌液細胞診や診断目的のMRI)そのものが(海沿いの傍大病院のような)全く賛成できないものなので、私がコメントすること自体、不適切です。(予め、ご了承ください。もしくは最初から「それらの医師達」にコメントを求める方がいいのかもしれません)
○そらら(私からみれば)「極めて不適切な診療が、質問者を大いに混乱させている」ことをとても残念に思います。

「乳腺症の印象もあるが乳がん乳管内進展の可能性も考慮されうる。」
⇒このMRIのコメントが質問者を「極めて不適切な心配」に陥れる「元凶」だとしたら、その「不適切なMRI」は「無駄どころか有害」と言えます。

「細胞診 クラス3 CEA100 」
⇒分泌液細胞診など、「参考程度」にすぎません。

「エコー検査は事前に技師さんに印をつけてもらうものですか?」
⇒本当の医療は…

 医師自らがエコーをすべきです。
 「診断目的でMRIを用いる」ような医師には言っても無駄でしょうが…

「この半年体重が増えなかったのは乳がんと関係ありますか?」
⇒1000%無関係です。
 断言できます。

「医者はシコリになる前だと言っていた。これは何を意味するのでしょうか?」
⇒それらの医師のコメントに私が、コメントすることはありませんが…

 「シコリをまだ形成する前(乳管内に留まっている=非浸潤癌)」の可能性をいっているようです。

「乳管内の癌を針を刺すことにより広がってしまうことはないのか?」
⇒全く無関係です。

「結果は癌だと思ってます」
⇒全く根拠がありません。

「手術は全摘ですか?」
⇒術式は(画像診断による)「拡がり評価」により決まります。

「病院に不安がある場合の転院のタイミング場合場合今回の結果を待ってからが良いですか?」
⇒特に拘る必要はありません。

「判断が難しいとはどういうことですか?」
⇒そもそも「MRI所見で判断」する事自体、誤りです。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

乳がん乳管内進展
性別:女性
年齢:55歳

おはようございます。
先日はお忙しい中お返事をいただきましでありがとうございました。

眠れない日が続き 何を食べても美味しくなく体重も減り続けておりますが 先生のお返事を読んだ夜は久しぶりにぐっすり眠ることができました。

他の質問者さまに対する先生の真摯で不安を与えない的確なお返事を読ませていただいてると 先生のお人柄がよくわかり 私も先生に診ていただきたいと思うようになりました。

ただ激混みの状況ということで 治療が遅くなってしまうことへの不安があります。

それなら このまま現在の病院で治療を進めるのが一番早いのではと思う反面 本当にここで良いのかという不安もあります。

先生のところで手術をしていただきたい場合 検査の結果が出てから手術の申し込みフォームから申し込みをすればよろしいですか?

本来は病状等の質問の場であるのに このような内容の質問はいけないのかもしれませんが現状とても不安でしたので質問させていただきましたことお詫びいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

腫瘤非形成性病変のようなので、そもそも(質問者に行われたバネ式では診断がつかない可能性もあり)無駄に経過観察となる可能性もありそうです。
本来「腫瘤非形成性病変」では(バネ式ではなく)「マンモトーム生検できちんと確定診断が行われるべき」でしょう。

そもそも質問者の分泌が「単孔性」ならば、「乳管腺葉区域切除」で綺麗に病変全体を摘出して診断する方が理想的です。

「先生のところで手術をしていただきたい場合 検査の結果が出てから手術の申し込みフォームから申し込みをすればよろしいですか?」
⇒そもそも「診断そのもの」に問題がありそうなので…

 秘書メールで状況を確認しながらの方がいいようです。
 「秘書メール」へ御連絡ください。


秘書室へメールは、
各ページの右上にある 「秘書室へメール」からご相談ください。
もしくは、こちらのリンクをクリックしてください。

 
 





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。