乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5377]
性別:女性
年齢:50歳

いつも拝見しております。
はじめて質問いたします。

私は6月に右乳がんを部分切除で手術しました。
術前の検査では、ER
100%、PR90%、Her2:陰性、Ki-6730%でした。
50日間フェマーラを内服しました。
その後、11mmだった腫瘍も7ミリとなり、手術を受けました。
術後の病理の結果は、浸潤巣の大きさ:
5×4mm、GradeⅠA、T1aN0M0、ステージ1Aでした。
術後の病理の結果では、ER100%、PR10%前後(弱陽性)、Her2:陰性、Ki-671%前後となって戻ってきました。
断端陰性。
現在は、放射線療法も終え、フェマーラのみの内服になっています。

主治医の先生は、薬がよく聞いているとおっしゃっています。
術前に比べ、Ki-67が減少していることから、抗がん剤の投与はしないということになりました。
私も抗がん剤は避けたいと思っていましたので、それはそれでよかったのですが、Ki-67とPRが術前と比べて減少するものなのか、お聞きしたいと思います。

また、このほかに知っておいたらよい情報はありますか?それから、主治医との関係ですが、とてもやさしい先生ではあるのですが、私が先々のことを心配していろいろ聞くので、少し嫌がられているようにも思います。
例えば、フェマーラの効果が落ちることはないのかとか、効いているかどのようにしてわかるのか、マーカーなどをチェックするのかなど聞いてしまいます。
今までは、手術、放射線といろいろあったので、そのことに追われていました。
が、このごろ気持ちも少しずつ追いついてきたようで、今後どのように治療していくのか気になり始めました。
検査検査でびくびくするより、ゆったりと生活したほうがいいと、叱られてしましました。
主治医に対しては、とても信頼できる方なので、何とかやっていきたいと思っていますので、今後どのようにしていったら良いかも思い悩んでいます。
よろしく、お願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

質問者の場合には目に見える効果がでたようですが、術前内分泌療法50日間では、劇的な変化は考えられず病理結果の変化は(内分泌療法による変化というよりは)単純に「病変の一部のみを採取している針生検と病変全体の違い」のように考えます。

「Ki-67とPRが術前と比べて減少するものなのか」
⇒冒頭でコメントした通りです。

 劇的な変化はないでしょう。

「フェマーラの効果が落ちることはないのかとか、効いているかどのようにしてわかるのか」
⇒術後補助療法に「効果のほど」を確認することなど、(そもそも)できません。

 「何事も無い事」その確率を増やすために行っているのです。

「マーカーなどをチェックするのか」
⇒これも「フェマーラの効果」をみることはできません。
 「何事も無い事」の確認手段なのです。

「今後どのように治療していくのか」
⇒ホルモン療法を5年継続するだけです。

 いたってシンプルに考えましょう。
 ★術後補助療法に「効果があるのか?」は決してわからないことなのです。(ホルモン療法を飲んだから再発しなかったのか、飲まなくても再発しなかったのか。最終的に誰にも解らない事なのです)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。