乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3767]
性別:女性
年齢:55歳

田澤先生
初めてご質問させて頂きます、よろしくお願い致します。

45歳の8月に左乳癌 ステージ2a リンパ転移なし、トリプルネガティブで手術を致しました。
術後に抗がん剤治療(何クールかは忘れてしまいましたが当時で標準~最高だと思います)と放射線治療(こちらも
標準回数だと思います)を受けました。

ホルモンマイナスでホルモン治療はしておりません。

その後無治療で術後7年までは3か月に1回、8年からは半年に1回かかさず、手術して頂いた病院で検診を受けています。

今年の8月で術後10年になり、全身検査を受けました。

そこで手術をした左乳房でMRIの結果(マンモグラフィーとレントゲンでは異常なし)9時の方向に線維腺腫と思われる物がある 良性かどうかの判断つかず という結果が出ました。

MRIは通っている病院でなく 検査病院の様な所で撮って頂きました。

その結果を先生がご覧になり 読み上げ すぐにジェルを塗ってエコーで診てくださりましたが エコーでは確認できないとの事でした。

触診もして下りましたが しこりはあたらないとおっしゃてました。

自分でもしこりの自覚はできません。

ただ 自分が気にしてるせいか 左側 腕や手がすこししびれる感じがあります。

診て頂いた先生の説明では 10年たっているし 今は大丈夫 ただ
左胸は要注意だね また半年後来ればいいよという事で診察は終わりました。

やっと10年たち もう安心かしらと思っていましたので 何かひっかかる様な まだ開放されないような 少し悲しい気持ちになりました。
(現在頑張っている皆さんが居らっしゃるのに駄目ですね)

田澤先生、これから どの様にすればよろしいでしょうか。

半年後の通常検診(尿 血液 レントゲンです、自分から希望言えばマンモ エコーもして下さいます)で 大丈夫でしょうか?
何か心がもやもやとしており とりとめのない質問ですみません。。

よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

温存術後10年目で「温存乳房内の所見」ということですね。
その病院では乳房内のスクリーニング検査としてMRIを使っているのですね。
私はMRIは、あくまでも「拡がり診断目的」でしか使用していないので、「MRIで発見されたしこり」というケースはありません。

本来、存在診断は最終的に「US」で行いますので(レントゲンでしか見えない石灰化は除く)、『超音波で見えない病変は(経過観察と言う名の)無視』となります。

○実際のところ、MRIの所見が「どの程度なのか?」にもよりますが
「先生がご覧になり 読み上げ すぐにジェルを塗ってエコーで診てくださりましたが エコーでは確認できない」
⇒このように「医師自身がエコーをして異常無」であれば信頼していいでしょう。

 ♯医師が(自らエコーするでなく)技師の行ったエコー写真を見て「異常ありません」とコメントするのとは大違いです。

「ただ 自分が気にしてるせいか 左側 腕や手がすこししびれる感じ」
⇒無関係です。

「半年後の通常検診(尿 血液 レントゲンです、自分から希望言えばマンモ エコーもして下さいます)で 大丈夫でしょうか?」
⇒マンモやレントゲンなど1年に1回で十分

 エコーだけしてもらえば十分です。(医師自ら)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。