乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:4782]
性別:女性
年齢:49歳

おはようございます。
お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

乳癌の告知をうけました。
まだ、告知の衝撃から立ち直れずにいます。

けど、前を向いて治療もしていかないといけません。

病理結果は、ルミナルB HER2 3+です。
ホルモンは、90%以上陽性といわれました。
硬癌、グレード1、腫瘍計6ミリからも7ミリ。
オペは6月(上旬)日です。

やはり、私の主治医も、HER2が高い事を気にしていました。
転移、再発の危険度は高いと。

温存という話しですが、全摘しなくても大丈夫でしょうか?
また、オペ後の治療もケモを始めるかどうかは分からないと言われました。

転移していなければやらなくてもよいのですか?
抗がん剤をやってもやらなくても、生存率にはさほど変わりがないとも話されました。

できれば根治を目指して、前向きにいきたいと思っております。

今現在の生存率や再発率はどのくらいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

物事はシンプルに考えましょう。
「予後はステージ」と、「治療法はサブタイプ」と関連するのです。

質問者はcT1b(7mm), cN0だとすると、「再発低リスク」それ以外の何物でもありません。

「私の主治医も、HER2が高い事を気にしていました。転移、再発の危険度は高いと」
⇒こんな「戯言」は今すぐ忘れましょう。

 同じ医師として「とても」悲しく感じています。

「温存という話しですが、全摘しなくても大丈夫でしょうか?」
⇒術式(温存か全摘か?)は「拡がり診断」のみで決めましょう(サブタイプは無関係)

 きっとMRIで拡がり診断をしているのでしょうから、「拡がりが限局」していれば温存が適応となります。

「また、オペ後の治療もケモを始めるかどうかは分からないと言われました。」
⇒手術後の病理で決まるのです。

 抗HER2療法は「浸潤径≦5mm」では適応外となるし、「5mm<浸潤径≦10mm」では考慮します。(必須ではありません)  ○浸潤径>10mmならば推奨されます。   ♯浸潤径とは(顕微鏡による)「病理診断での大きさ」です。
「転移していなければやらなくてもよいのですか?」

⇒違います。(上記を参考に)

「抗がん剤をやってもやらなくても、生存率にはさほど変わりがないとも話されました。」
⇒抗HER2療法は「再発率を半分」にします。
 ただ、もともと「早期出あり、再発率が低い」場合には「さほど変わりがない」ことになります。

 例)
  (進行している)患者さん (抗HER2療法前が)再発率30%⇒(抗HER2療法をすると)再発率15%
  (早期の)患者さん    (抗HER2療法前が)再発率5%⇒(抗HER2療法をすると)再発率2.5%

   ★前者が「再発率を15%下げる」のに対し、後者は「再発率を2.5%しか下げない」ことが理解できますね?
     質問者は「当然」後者よりなのです。

「今現在の生存率や再発率はどのくらいでしょうか?」
⇒病理結果がでてから考えましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

田澤先生、お疲れ様です。
前回はありがとうございました。

無事に手術も終わり、病理結果も出ましたのでご報告させていただきます。

乳房切除術施行(部分切除と迷いましたが、私の希望で全摘しました)
 組織型:乳頭腺管癌>硬癌、乳管内進展(+)
 大きさ:浸潤巣(5×5mm)、全体(5×12mm)
脈管侵襲:ly(1)、v(0) 核異型度:NG2
 切断断端:陰性(とり切れています)
 リンパ節転移:陰性 SN(0/2)
ER:Score3b PgR:Score3a HER2:Score3
Ki-67 25.9% pT1a pN0 M0 Stage1A
主治医より、手術のみで5年生存率97%、10年生存率90%との事で、再発率については話がありませんでした(気になります)
術後補助療法は、浸潤巣も小さいので、抗がん剤の適応にはならないが
(上乗せが少ないと)HER2陽性であることからハーセプチン単独療法+ホルモン剤の服用をすすめられました。
先日よりホルモン剤服用を始めました。

① 田澤先生はこのブログで脈管侵襲ly(1)は気にしなくてもよいとコメントされていますが、そのとおりでよろしいですか?放射線治療する必要ありますか?
③ グレード2、Ki-67 25.9%だと再発率に関わってきますか?
④ 今までの先生のコメントを拝見しておりますと、HER2陽性でも5m
m以下では抗がん剤(抗ハーツー療法)を考慮するとありますが、主治医はハーセプチンはした方がよいと。
私としては再発率が減るならどんな治療もするつもりでおります。
田澤先生ならはどのような治療をされますか?HER2:Score3という結果がとても気になります。
治療をしなければまた再発するのでは?と考えてしまいます。

もし、ホルモン治療のみでいく場合 10年後の再発率、生存率を教えていただけますか?
⑤ 根治は目指せますでしょうか?できればあと20年元気でいたいと思っております。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

浸潤径5mm
良かったですね。
間違いなく、超低リスク。化学療法(抗HER2療法も含む)は適応外となります。

○ただ、悲しい事に担当医は「(化学療法併用無しでの)ハーセプチン単剤」を推奨しているようですが…
 絶対に「ハーセプチン単剤はおこなってはならない」治療(誤った治療と言えます)です。(全くエビデンスがない)
 つまり、このケースでは「ホルモン療法単剤とすべき」なのです。

「① 田澤先生はこのブログで脈管侵襲ly(1)は気にしなくてもよいとコメントされていますが、そのとおりでよろしいですか?」
⇒全く無関係

「放射線治療する必要ありますか?」
⇒ありません。
 全摘後の放射線の適応は「リンパ節転移4個以上」です。

「③ グレード2、Ki-67 25.9%だと再発率に関わってきますか?」
⇒無関係です。

「④ 今までの先生のコメントを拝見しておりますと、HER2陽性でも5mm以下では抗がん剤(抗ハーツー療法)を考慮するとあります」
⇒全くの勘違いです。

 浸潤径≦5mm    抗HER2療法の適応外
 5mm<浸潤径≦10mm 抗HER2療法を考慮する
 10mm<浸潤径   抗HER2療法の絶対的適応

「主治医はハーセプチンはした方がよい」
⇒誤りです。
 (化学療法併用無しの)ハーセプチン単独療法は絶対にしてはならないのです。

「田澤先生ならはどのような治療をされますか?」
⇒抗HER2療法の適応外です。

 当然、抗HER2療法は行いません。(ホルモン療法単独です)

「10年後の再発率、生存率を教えていただけますか?」
⇒5mmでは統計的データなど存在しません。

 ほぼ根治と考えるべきです。

「⑤ 根治は目指せますでしょうか?」
⇒上記通りです。

 
 

 

質問者様から 【質問3 ルミナルB HER2 3+】

性別:女性
年齢:50歳

先生、お疲れ様です。

お忙しいところ大変申し訳ありません。

手術から一年がたち、術後検診をしました。

乳腺のUSで、技師さんが、『乳管開いているね』と、ぽつりと言われました。

『詳しい事は先生から聞いてくださいね』と、付け加えられましたが、もう突然の事で動揺してしまいました。

来週に、診察がありそこで主治医から結果を聞きます。

その前に先生に、お聞きしたいです。

1 乳管が開くという事は、乳癌ができる前の段階という事でしょうか?

(私は閉経しております)

ステージ1から、反対側にできる事は、あるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「1 乳管が開くという事は、乳癌ができる前の段階という事でしょうか?」
⇒全く無関係です。

 其の技師も「余計なこと」を言ったものです。(忘れてしまいましょう。

「ステージ1から、反対側にできる事は、あるのでしょうか?」
⇒全くの勘違いです。

 ステージがいくつであろうと…

 乳癌が「対側に転移することは1000%ありません」
 対側に癌ができた場合には、それは「100%、(転移ではなく)新規発生」となります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。