乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:6487]
性別:女性
年齢:76歳

大変お忙しいのにこのような場を設けて頂けてとても心強いです。

母の事で相談させて下さい。

4年半年前に2Bの乳癌がわかり全摘後に抗がん剤とホルモン療法を受けています。
4月に脇に0.6??0.5の腫瘍がわかり2度細胞診を受け一度目は
判定不能、2度目はクラス2、良性由来の細胞像で明らかな異型は見られない、小型のリンパ球を主体とする細胞所見、一部に核小体の見られる幼弱なリンパ球を認めます。
という診断でした。

腫れもありますし経過観察と言われたようですが局所再発ならば手術が必要なのではと心配です。

高齢で持病もある母ですがどのような手を打てば良いのでしょうか?
先生の診察を受ける事は可能でしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

物事はシンプルに考えましょう。
この場合は、無駄に経過観察をするのではなく、100%確定診断をつけるべきです。
「2度も細胞診をして、確定診断がつかない(経過観察)」ようでは…

「高齢で持病もある母ですがどのような手を打てば良いのでしょうか?」
「先生の診察を受ける事は可能でしょうか?」

⇒私が細胞診をすれば、決着(確定診断)がつきます。

 ご希望なら、「秘書メール」しましょう。
 緊急性はないので「1~2カ月後の市川」になったとしても全く問題ありません。

メディカルプラザ市川駅


秘書室へメールは、
各ページの右上にある 「秘書室へメール」からご相談ください。
もしくは、こちらのリンクをクリックしてください。

 
 





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。