乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5226]
性別:女性
年齢:33歳

2017年3月 浸潤性乳管癌の診断
2017年5月 乳房温存術で手術
センチネルリンパ生検

術後病理結果は
stage1
腫瘍径 1.5×1.2
センチネルリンパ節(0/1)
トリプルネガティブ
ly0 v0
グレード 3
ki67 52%

以上をふまえて術後に抗がん剤をすることになり、
初期治療としてEC→weeklyパクリタキセルの予定でした。

デカドロンの点滴をしたあと、Eの投与中から顔にほてりがあり数分後には膨疹も顔や腕に現れ、蕁麻疹とのことで投与が中止になりました。

Eのみの抗がん剤になってしまったこと、
今後、Eは使わない方がいいだろうとのこと、
EとAは似ているものなので、ACもすすめないとのこと、
主治医より言われました。

これから出来る治療として、選択肢はどうなりますでしょうか?
田澤先生のQ&Aを参考にしながら
「トリプルネガティブだからと悲観せず、やるべきことをやる」と
思っていたのですが、アレルギーが出てきてしまいました。

術後の抗がん剤を決める際に影響を最小限にと
考えるならTC療法もあると
説明は受けていました。

でも私はアンスラタキサンを完遂したかったのですが…。

他に出来ることはないのか、
教えていただきたいです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

残念ですが、アレルギーではどうしようもありません。
早期乳癌で拘る必要はありません。

「これから出来る治療として、選択肢はどうなりますでしょうか?」
⇒TCです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。