乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:4490]
性別:女性
年齢:55歳

初めて、質問させていただきます。

左胸に広範囲の非浸潤癌が見つかり、全摘同時再建をしました。

病理検査の結果、リンパなどの転移はなかったのですが、3ミリの浸潤部分が見つかりました。

浸潤部分の核グレード3
ER(-)0%
PR(-)0%
HER2 3
KI67 28%でした。

担当医から、普通は、5ミリ以下の浸潤では、抗がん剤はしないのだが、顔つきも悪いなどの条件から、「抗HER2療法+抗がん剤の治療もあり」という提案を受けました。

できれば、抗がん剤は受けたくないというのが本音ですが、転移は怖いです。

この先、無治療でいくか、抗ガン剤などで治療するか、先生ならいかが考えられますか?
アドバイス、よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

担当医の「顔つきも悪いなどの条件」など無視しましょう。
浸潤径3mmであれば、「抗HER2療法の適応無」です。

「この先、無治療でいくか、抗ガン剤などで治療するか、先生ならいかが考えられますか?」
⇒絶対に「抗ガン剤など行いません」

 そのような「提案をする」事自体、誤った診療です。
 ♯因みに、この様なケースで(抗癌剤無しで)「ハーセプチン単独」を勧める医師を散見しますが、それも「完全に誤った」ことです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。