乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5211]
性別:女性
年齢:66歳

はじめまして田澤先生

七月(上旬)日に両乳房全摘、只今エキスパンダーにて再建中です。

先日病理検査結果が出ました。

これからの治療法で抗がん剤を使用するかどうか判断を迫られています。
もちろん主治医は、使ったほうが良いとのことですが私としては出来ることならばホルモン療法だけにと思い、先生のお考えをお聞きしたくメールを差し上げました。

よろしくお願い致します。

※左乳房          ※右乳房

病期Ⅰ期『硬ガン』     同じ
浸潤径0.8         1.1   
リンパ転移なし       なし
悪性度グレード2       同じ
ホルモン感受性
エストロゲン95%      95%
プロゲストロン1%未満    70%
HER2 1+ (FISH法か不明)  0
増殖能力5          5
サブタイプ ルミナールB ルミナールA
以上です。
  
もしどうしても抗がん剤を使用するならば先生は何を勧められますか?
更年期症状がひどく9年ほどホルモン療法(お腹に貼るパッチ)をしておりました。
これが原因のひとつでしょうか?
そしてサプリメント(豚由来のコラーゲン)を十数年飲んでおります。

これも止めたほうがよろしいでしょうか?
お忙しい中、どうぞよろしくお願い致します。
       

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

メール内容を読みました。
「もちろん主治医は、使ったほうが良いとのこと」
⇒これは「左の病理でルミナールBとなっている(Ki67の値が不明ですが…)」
からですね??

 しかし「浸潤径8mm」「66歳」「出来る事ならばホルモン療法だけにと」いう条件があれば、(私なら)「ホルモン療法単独」にすることに一瞬の躊躇もありません。

「もしどうしても抗がん剤を使用するならば先生は何を勧められますか?」
⇒「どうしても抗癌剤を使用しなくてはならない」理由は見当たりませんが…

 もしも行うなら「TC」となります。

「更年期症状がひどく9年ほどホルモン療法(お腹に貼るパッチ)をしておりました。
これが原因のひとつでしょうか?」

⇒ある程度、影響はしたと推測します。(証明は不可能です)

「そしてサプリメント(豚由来のコラーゲン)を十数年飲んでおります。」
⇒そのままで構いません。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

やはりルミナールB?
性別:女性
年齢:66歳

二度目の質問になります。

おかげさまで先日はほっとするお答えを頂いたにもかかわらず又不安が
頭をもたげ二度目のメールを差し上げました。

お許し下さい。。。

主治医とも相談しましてホルモン療法だけにして行くつもりですが、先日書き忘れてしまいましたki36は、5%でした。

〇主治医は、オンコDXをしたら?と言いますが必要でしょうか?

〇両乳房にエキスパンダーが入りなかなか痛みが治りません。

ホルモン療法の開始時期は、いつまで待てますでしょうか?

〇ルミナールBと決定したのは左のプロゲストロン1%未満、ここだと思うのですがki67 5%でもやはりルミナールBなのでしょうか?
抗がん剤をしたとしても聞きにくいのでは?

田澤先生、よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

前回は「左のKi67が無記載」だったのですが、左もKi67=5%だったのですね?(つまり左右とも5%?)
それであれば、ルミナールAです。

「ルミナールBと決定したのは左のプロゲストロン1%未満、ここだと思うのですがki67 5%でもやはりルミナールBなのでしょうか?」
⇒ルミナールAです。

 ホルモン療法単独でいいのです。
 どうしても「本当にルミナールAなのか?(抗癌剤は不要なのか?)」疑問が拭えないなら、OncotypeDXしてみましょう。(low riskとなると予想しますが)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。