乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5331]
性別:女性
年齢:46歳

ご相談させて下さい。

46歳、既婚、出産経験はありません。

海外(中東)に住んでおります。

日本に一時帰国中に受けた乳ガン健診の結果が先日わかり、
判定はD2で「さらに詳しい検査を受けるように」とのことでした。

コメントには「マンモグラフィー:異常所見なし」「触診:左乳房硬結」とあります。

この時の触診ですが、医師に一通り見ていただいた時は何も言われず、「ご本人が気になる所が有りますか?」と聞かれたので、左乳房の上部外側のしこりの確認をお願いしたところ、
「あぁ、何かありますね。」という軽めの反応でした。
エコーはしていません。

しこりの場所といい様子といい、管理番号1649「筋状のしこり?」の方の表現にぴったり当てはまるので、素人判断ですが線維腺種なのではないかと思っています。
肌の表面付近ではなく少し奥のほうにあり、大きさは1cmくらいで横長、つるつるしていて、触れると左右にくりくり動きます。
痛みはありません。
二年前に受けた健診時にはありませんでした。

関係は無いかもしれませんが、今回、同時期に受けた尿検査では潜血反応が認められ、3ヵ月後の再検査を勧められています。

次回の日本帰国は10ヵ月後の予定です。
言語の問題もあり、
こちらの医療機関での検査は難しいと感じています。

お聞きしたい点は、このような状況(マンモでは異常がなく、こちらから指摘して初めて気づいてもらえたようなしこり)の場合、精密検査を10ヵ月後に先延ばしにしても問題ないか、という点です。

検査のための早目の一時帰国も考えておりますが、専門の医師から見るとそれほど緊急性のないもので、そこまで焦らなくても良いものかもと思ったりもします。
万が一、悪性のものであったとしても、年齢的にみて進行が遅いから10ヵ月後でも充分間に合う…と言ったようなことはないでしょうか。

それとも、むしろ年齢的に早目にハッキリさせたほうが良いものなのでしょうか。

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご意見をお聞かせいただけますでしょうか。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

状況は解りました。
確かに、「エコーしなくては、確実なことは言えない」わけですが、ご本人の御事情も解ります。

「精密検査を10ヵ月後に先延ばしにしても問題ないか、という点」
⇒ポイントは「ご本人が認識できるシコリである」ということです。

 状況的には「自己検診」でチェックしていくことです。
 その間「変化なし」であれば、それ(10か月後)でいいのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。