乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5349]
性別:女性
年齢:51歳

15年前、右胸乳がん 肝臓に転移してました。

ハーセプチンとタキソテール 9ヶ月で、肝臓のガンは、消滅しました。

心臓の収縮がありタキソテールは、中止。

4ヶ月間ハーセプチンとリュープリンを治療しましたが、
しこりは 消えず右胸摘出
以後リュープリンとタスオミンを11年6ヶ月治療しました
現在、フェマーラを半錠飲んでます。

CT,血液検査とも異常なし。

フェマーラを飲む少し前に、主治医が、かわりました。

今の主治医は、もう治療をしなくてもいいと言いますが、
やめても大丈夫でしょうか
よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「15年前、右胸乳がん 肝臓に転移してました。ハーセプチンとタキソテール 9ヶ月で、肝臓のガンは、消滅」
⇒素晴らしい!

 遠隔転移で20年を超えて完全寛解を継続(殆ど治癒)するケースは2-3%と言われていますが、質問者のようにHER2陽性の方にはpertuzumabの登場により更に改善が期待できるのかもしれません。

「以後リュープリンとタスオミンを11年6ヶ月治療しました現在、フェマーラを半錠」「もう治療をしなくてもいいと言いますが、やめても大丈夫でしょうか」
⇒これは悩みますね。

 たしかに15年経っているのであれば…
 と、考えたくなるものです。

 ただ、最も安全に考えれば(有害事象がないのであれば)ホルモン療法は継続してもいいのではないか?
 そのように思います。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。