乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:6463]
性別:女性
年齢:54歳

田澤先生。

いつも拝読し勉強させていただいております。
ありがとうございます。

私は最近海外(先進国ではない)にて右胸温存手術を受けた、54歳の者です。

先生に術後療法、特に抗がん剤適用の要否についてお尋ねしたく、質問させてください。

経過を説明いたします。

4月(下旬)日に民間のラボラトリーにて、乳腺専門放射線技師のエコーにより右乳房10時の位置に5×4×4ミリの、縦長、上部2か所に角あり、豊富な血流がみられる腫瘍が発見され、カテゴリー4bと診断。
その後同所、同技師によりエコー下組織診(カチッ
カチッと音のするもので、10回以上組織採取)を受け、乳がんと診断されました。
そのため、同じ標本を用いて後日免疫機能検査をし、結果は以下のとおりです。

(スペイン語の文章で説明が書かれているので、専門語が多く難しいですが、できるだけ簡潔に必要だと思われる個所を翻訳して書きます。
分かりにくい文章で申し訳ありません。)

<病理診断>
病理組織標本:大きさ 全体で1.0×0.8×0.2センチ
分析した標本組織の5%に、乳房柔組織に湿潤する新生物(腫瘍)形成細胞を認めた。

脈管侵襲、微小石灰化、上皮内(in situ)コンポーネントは見られない。
病変の別の域に、分泌を伴う嚢胞状で、細胞質に発砲性物質を伴った豊富なマクロファージとdecapitationによる分泌のあるダクトを認める。

乳房湿潤癌 (顕微鏡的病巣) 分析した組織の5%
(「乳管がん」「小葉がん」などの記述はなし。)
核グレード2(2+2+2)
脈管侵襲なし
微小石灰化なし

<免疫機能>
ER(陽性 80% 強度+++)
PgR(陽性 10% 強度+++)
Her2 Neu(陰性)
Ki-67%(陽性 5% 強度++)

その後、5月(下旬)日に国立保険病院で右乳房温存手術、センチネルリンパ節生検なし、
レベル2までの腋窩リンパ節郭清を受けました。
1週間後の腫瘍外科医の外来診察の
際、術後検体の病理結果を受け取ったのですが、結果は下記のとおりです。
(こちらも同じくスペイン語の文章による説明なので必要だと思われる個所のみ、翻訳します。)

<病理診断>
病理組織標本:乳腺1/4切除された乳房(11×10 センチ)、その表面にある皮膚
(3×1.5センチ)、同側切除腋窩リンパ節(13個)
乳腺は、新生物(腫瘍)形成の残留は見られない。

皮膚は、変質なし。

腋窩リンパ節(レベルⅡ)13個中13個に腫瘍病変は見られない。

腫瘍外科診察の2日後の5月(下旬)日、これらの病理検査の結果をもとに術後療法を決定すべく腫瘍内科医の外来で診察を受けて来たのですが、医師の診断は、放射線療法、ホルモン療法および化学療法とのことでした。

私は、エコーの所見から腫瘍がかなり小さいものであること、PgR値は10%と低値であるもののER値は80%と高く、またKi-67値が5%とかなり低いので、ルミナールA様で、抗がん剤はあまり効かず必要ないのではないかと質問したところ、抗がん剤が適用となるのは温存したからで、全摘であれば必要なかったと言われました。

また、私がその後も何度か質問を繰り返したので、医師に「次回(約20日後)の診察時に血液検査(腫瘍マーカーCEA, CA153含む)とレントゲン検査の結果を持ってくるように。
そこでもし、腫瘍マーカーの値が基準値より少しでも高ければ抗がん剤治療を適用する」と言われました。

ここから質問です。

術後検体にガン細胞が見つからなかったために、腫瘍径がわからなくなってしまったのですが、ステージはどうなりますか。
組織診前の2方向からとった実物大マンモの画像
には微小石灰化が見られ、腫瘍外科医師(執刀医)が手術の前に2センチ大と4センチ大の丸を描いているのですが(MRIはしていません)、これが腫瘍径と考えられますか。
もしそうなら、田澤先生も化学療法は必要だとお考えになりますか。

全摘か温存かは化学療法の要否の決定には関係ないと思うのですが、どうでしょうか。

また、今の時点での腫瘍マーカーの値は、抗がん剤適用の要否を決定するものなのでしょうか。
また、腫瘍マーカーの値は、何か他の原因で上がったりしませんか。

小葉ガン、乳管ガンのどちらなのかわからないのですが、予後・生存率に違いが出てきますか。

最後に医師に「世界中どこへ行っても同じことを言われるよ。」と言われました。
そうなのでしょうか。

もし、抗がん剤治療が必要でないのなら、できるだけ避けられればと思っています。

以上、お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

それにしても、この病変で(センチネルリンパ節生検せずに)腋窩郭清されるとは!
さすがに日本では考えられないことですが、(国によっては)仕方がないことなのでしょう。(質問者には気の毒ですが)

私が見る限り、質問者のケースでは(浸潤径の記載がないものの)「術前画像所見で病変自体が小さい+術前組織診のみで病変が取り切れていた」ことを考えると、(私であれば)「術後無治療(放射線もホルモン療法も不要)」とするケースです。

「私は、エコーの所見から腫瘍がかなり小さいものであること」
⇒その判断でいいと思います。
 (抗癌剤がどうこうではなく)放射線も不要としてもいいケースと判断します。

「Ki-67値が5%とかなり低いので、ルミナールA様で、抗がん剤はあまり効かず必要ない」
⇒まさにその通りです。100%正しい理解です。

「抗がん剤が適用となるのは温存したからで、全摘であれば必要なかったと言われました。」
⇒???

 ありえない!
 「お国柄」だけでは済まされない「誤った理解」です。
 質問者のケースで抗癌剤適応とすることは「日本を含め欧米ではありえない」ことです。

「腫瘍マーカーの値が基準値より少しでも高ければ」
「また、今の時点での腫瘍マーカーの値は、抗がん剤適用の要否を決定するものなのでしょうか。」

⇒そもそも…

 腫瘍マーカーは全く無意味です。

「ステージはどうなりますか。」
⇒1期です。(微小浸潤の可能性も、かなりありますが、いずれ「浸潤癌」という判定なので1期となります。)

「これが腫瘍径と考えられますか。」
⇒違います。
 実際に、そこに癌はなかったわけですから。

「もしそうなら、田澤先生も化学療法は必要だとお考えになりますか。」
⇒そもそも腫瘍径と抗癌剤は無関係です。

「全摘か温存かは化学療法の要否の決定には関係ないと思うのですが、どうでしょうか。」
⇒正に、その通りです。

 その点にかんしては、(このQandAに頻繁に登場する)「化学療法好きの乳腺外科医」でさえも(私に)もろ手をふって賛成することは想像に難くありません。

「また、腫瘍マーカーの値は、何か他の原因で上がったりしませんか。」
⇒喫煙者に一定の割合で「高CEA血症が存在」することは解っています。

「小葉ガン、乳管ガンのどちらなのかわからないのですが、予後・生存率に違いが出てきますか。」
⇒無関係

「最後に医師に「世界中どこへ行っても同じことを言われるよ。」と言われました。」
⇒??
 アメリカンジョーク?(アメリカではないようですが)

 「温存=抗癌剤」というのは斬新すぎて(私には)ついていけません。(世界中の医師も同じ意見でしょう)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。