乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


[管理番号:4506]
性別:女性
年齢:36歳

田澤先生、はじめまして。

よろしくお願い致します。

いつも、こちらのQ&Aを参考にさせて頂いています。

術後の化学療法について教えて頂きたいです。

2月(上旬)日に右乳房全摘、エキスパンダー同時再建手術を受けました。

病理検査の結果、PT=2.0×1.5cm、リンパ節を7個取って4個に転移。
リンパ節はレベルIとIIを郭清しました。

エストロゲンレセプター(+)80%
プロゲステロンレセプター(+)80%
HER2(FISH)(-)
核グレート2
ルミナールA

今は卵子凍結のためまだ治療を始めていないのですが、主治医に今後のスケジュールを聞いたところ、CE療法を4回、その後ドタキセルを4回、その後ホルモン治療(卵巣機能をとめる注射を3ヶ月に1回、タモキシフェンの内服)を10年と言われました。

ルミナールAですが、リンパ節転移の数が4つなので化学療法が必要なのでしょうか。

また、放射線治療は必要ないのでしょうか。

化学療法が必要ならば、CE療法は妥当なのでしょうか。

卵子凍結ができれば今後末から化学療法が始まる予定です。

どうぞよろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

pT1c(2.0cm), pN2(4/7), luminalAですね。
おそらく、(luminalAであれば)「化学療法の上乗せは少ない」のだとは思いますが、「リンパ節転移4個」だとなかなか「化学療法は不要」と言い難い。

♯その根拠は①St. Gallen 2015 votingでは「リンパ節転移1-3個で化学療法をする」<「リンパ節転移4個以上では化学療法をする」 だったのです。

 ただし、再三載せていますが、②『高リスク閉経前Luminal A型乳癌患者には、術後化学療法のベネフィットは見られない:DBCG77B(前向き無作為化試験)の後ろ向き研究の結果より(SABCS 2015)』
 この高リスクについてであるが 1977-1983に「腫瘍径5cm超」または「腋窩リンパ節転移陽性」が対象
 化学療法の内容は(時代背景を色濃く示すもので)
 CMFもしくは経口エンドキサン

 結果として対象者は
  腫瘍径2cm超が68%
  リンパ節転移陽性が90%
  化学療法を受けていたのは77%

 ○10年無再発生存に、「化学療法施行群」と「化学療法未施行群」で差が無かったのです。

「ルミナールAですが、リンパ節転移の数が4つなので化学療法が必要なのでしょうか。」
⇒上記①ではそうなりますが、上記②では無関係のようです。

 それで私自身の患者さんには、上記の状況をお伝えした上で 
  「化学療法に積極的(やると決めている)な人」には化学療法  
  「化学療法に消極的(できれば、やりたくない)な人」にはホルモン療法単独
  「迷う人」にはOncotypeDXをお勧めしてます。(閉経前、腋窩リンパ節陽性でも適応あります)

「また、放射線治療は必要ないのでしょうか。」
⇒放射線はすべき(4個以上では推奨度A)です。

「化学療法が必要ならば、CE療法は妥当なのでしょうか。」
⇒私ならTCですが…。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

田澤先生、こんにちは。

お忙しい中、質問[管理番号:4506]に答えていただきありがとうございました。

先生のご助言を受け、化学療法を迷っていたのでオンコタイプを受けることに致しました。

放射線治療は担当の医師に必要ないと言われましたが、強く希望して再建手術後に受けようと思います。

オンコタイプの結果、高リスクであれば前向きに化学療法を受けようと思います。

低リスクならホルモン治療単独と考えていますが、もし中間リスクだった場合はリンパ節転移が4個なこともあるので、化学療法を受けたほうがよいでしょうか?田澤先生でしたら積極的に勧めますでしょうか?

また、化学療法を受けることになった場合、田澤先生はTCを選択されるとのことでしたが、一般的にCEを選択される場合とTCを選択する場合
の基準などはあるのでしょうか。

CEの場合はCE→Tと言われていますが、TCの場合も終わった後に続けての化学療法を受けることとなるのでしょうか?

色々質問して申し訳ありません。

お忙しいと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「もし中間リスクだった場合はリンパ節転移が4個なこともあるので、化学療法を受けたほうがよいでしょうか?田澤先生でしたら積極的に勧めますでしょうか?」
⇒物事はシンプルに考えましょう。

 私は再三言っている様に「中間リスクでは、化学療法の上乗せは証明されていません」♯だから、私はハイリスクでしか化学療法を勧めることはありません。
 ただし、OncotypeDXの結果(報告書)ではグラフが付いてくる(『今週のコラム 70回目 高リスクは(化学療法による上乗せが大きいということだけでなく)『化学療法を行えば、中間リスクと予後は殆ど(3%程度しか)変わらない』その事を知ってもらいたいのです。』のグラフを参照のこと)ので、自分で「上乗せがどの位なのか?」解ります。
 ご本人にとって、その上乗せの数値(★%)が価値の有るものであれば、抗ガン剤を選択すればいいのです。(リンパ節転移の個数など無関係です)

「また、化学療法を受けることになった場合、田澤先生はTCを選択されるとのことでしたが、一般的にCEを選択される場合とTCを選択する場合の基準などはあるのでしょうか。」
⇒アンスラサイクリンレジメン(AC)に対してタキサンレジメン(TC)が優れていることが証明されている(2007 SABCS)からです。

「CEの場合はCE→Tと言われていますが、TCの場合も終わった後に続けての化学療法を受けることとなるのでしょうか?」
⇒違います。

 CE⇒Tとは所謂「アンスラタキサン(アンスラサイクリン+タキサン)」レジメンです。
 これに対してTCは「タキサンレジメン」です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。