[管理番号:6101]
性別:女性
年齢:53歳

田澤先生 初めてお問い合わせさせていただきます。

人間ドックエコーにて要再検査→乳腺外科にてマンモ+針生検+胸部レントゲン+血液検査の結果ステージ2 ルミナールタイプAのため、温存+ホルモン治療になるだろう、オンコタイプはしてもしなくてもどっちでもとのことでそのつもりでおりました。

その後、紹介先病院にてのMRI検査結果により、術前抗がん剤治療→部分切除手術→放射線→ホルモン治療の予定となりました。

術前抗がん剤治療はPET検査後の結果次第で直ちに来週から行う予定になっています。

MRI画像診断結果は以下の通りです。

右乳腺C領域の乳癌30×18最も深部に位置、大胸筋辺縁に接し軽度引き込みが見られるが明らかな直接浸潤はないと考えたい。
娘結節(?)右
腋窩レベルⅠリンパ節に転移の可能性が否定できない。

腫瘍マーカー7.5

本結果から、今後PET検査結果を行い腋窩リンパ1期や他に転移が認められた場合には術前抗がん剤治療を先行することとし、これにより癌が縮小し、腋窩リンパ腫瘍も消滅する場合がある。

抗がん剤は術前または術後どちらでも効果は同じだから、上記の可能性があるので術前抗がん剤治療を行うとのことでした。

私としては、ルミナールタイプAの場合抗がん剤治療は効果を期待できる可能性が低いので
体力のあるうちに部分切除または全摘手術先行し
腫瘍拡大や転移などの心配を少しでもなくす
という選択も考えても良いのかどうか。

田澤先生のご意見をお伺いできますでしょうか?よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

世の中には(無闇に)術前抗がん剤をしたがる医師も多いですが…

「私としては、ルミナールタイプAの場合抗がん剤治療は効果を期待できる可能性が
低いので体力のあるうちに部分切除または全摘手術先行し腫瘍拡大や転移などの心配を少しでもなくすという選択も考えても良いのかどうか。」

⇒まさに正しい考えです。

 「小さくして温存」と言う目的が無い限りは、手術先行すべきです。(質問者のいうようにルミナールAは抗癌剤が効きにくいということも参考になります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。