乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5321]
性別:女性
年齢:39歳

術前の抗がん剤についてお聞きいたします。

39歳 1.5センチの浸潤がん
-ER+,PgR+-,HER2-,Nuclear
grade2,核分裂像8個/
10PHF(sore2),Estrogen
receptor陽性80~
90%,Progesterone
receptor+-5%程度、HER2
陰性、MIB-1陽性細胞30~40%
エコ―でリンパに2ヶ所転移が認められる。

CTでは多臓器への転移はなし。

すぐ手術と考えていましたが、手術前に抗がん剤をした方が効果がわかり、リンパも少なく手術できるかもしれないと言われました。

どちらがいいのかとても悩んでいます。

抗がん剤は、TC療法です。

また、生存率、再発率についてはどうなりますでしょうか。
抗がん剤の効果はどのくらいでしょうか。

リンパについては、通常、手術中にどのレベルまで転移しているのか判断して切除するのでしょうか。

Ki67の30~40はハイリスクと言われとても恐ろしいです。
再発率は高くなるのでしょうか。

とても焦っています。
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

術前抗がん剤の唯一の適応は(そのままでは大きすぎて温存できない場合に)「小さくして温存」という目的のみです。

「手術前に抗がん剤をした方が効果がわかり」
⇒誤りです。

 抗癌剤の目的は「術後の再発予防」です。
 術前に(目に見える)「腫瘍に効果があるのか?」とは無関係です。(対象が違うのです)

「リンパも少なく手術できるかもしれない」
⇒これも誤りです。
 手術は(絶対に)「化学療法前の状況」通りに行わなくてはならないのです。

 ♯つまり「化学療法前の状況でレベル2までなら、(化学療法で小さくなったとしても)手術はレベル2まで行う」これが大原則なのです。

「生存率、再発率についてはどうなりますでしょうか。」
⇒抗癌剤は「術前に行っても、術後に行っても予後は変わらない」ことが解っています。

「抗がん剤の効果はどのくらいでしょうか。」
⇒ルミナールだから、それ程強くはないでしょう。

「リンパについては、通常、手術中にどのレベルまで転移しているのか判断して切除するのでしょうか。」
⇒術前(術前化学療法を行った場合には、化学療法前)の画像所見を参考に行います。

「Ki67の30~40はハイリスクと言われ」
⇒全くの誤りです。(担当医の無駄な脅しの意味が解りません)

 ルミナールAかBなのか?
 術後にOncotypeDXすべきです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。