乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5424]
性別:女性
年齢:41歳

術前化学療法後、左胸全摘、リンパ郭清しました。
術後病理結果は化学療法が効きガン細胞は腫瘍、リンパ共なくなっていました。
(奏功)

術後3ヶ月たった頃、術側の第三肋骨周辺の内側(胸骨傍リンパ側)に1cmちょっとほどの硬くて動く丸い感じのシコリを発見しました。

担当医に伝えたのですがその場所をいじったので手術痕だから大丈夫と言われ検査してもらえません。
(胸骨傍リンパ周辺)

手術から3ヶ月で化学療法が奏功したのに突然1cmのガンができるということはありえますか?
乳房より上の第二か第三肋骨の胸骨側の場所に乳がんができる事ってあるのですか?(乳房からはずれている所に乳腺ってあるのですか?)
触ると大きくなってきてる様な気もしなくもなくて心配です。

どうぞよろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「手術から3ヶ月で化学療法が奏功したのに突然1cmのガンができるということはありえますか?」
⇒常識的にはありえません。

「乳房より上の第二か第三肋骨の胸骨側の場所に乳がんができる事ってあるのですか?(乳房からはずれている所に乳腺ってあるのですか?)」
⇒普通に考えれば術後の瘢痕(もしくはリンパ液の貯留による嚢胞:ここでいう嚢胞とは乳管の拡張ではなく、単に隙間にリンパ液などが貯留したもの)などを想像します。

 その部位に(もしも癌に伴うシコリができるならば)胸骨傍リンパ節転移が増大して胸壁側に盛り上がった場合となります。
 ♯ただし、もともと胸骨傍リンパ節自体は筋層よりも更に奥にあるので、腫大するだけでは触知不能です。
  表面から触れるようになるためには、「転移して、相当長期間増大」しない限り不可能です。

「触ると大きくなってきてる様な気もしなくもなくて心配」
⇒エコーで診てもらえば済むだけの話です。(もう一度、相談してみましょう)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。