乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5306]
性別:女性
年齢:36歳

田澤先生、初めてメール致します。

女性36歳、昨年12月に左乳がんとの告知を受け、
今年2月に全摘出の手術を受けました。

組織型:硬がん
浸潤径:1.4cm(画像評価をもとにすると2cmぐらいのものだったと考えるべき)
リンパ節転移:なし
ER、PgR:ともに陽性、ともにallred score7
HER2:0
脈管侵襲:中等度
核異型度:2
ki67:15%程度

との病理診断を踏まえ、主治医の提案する術後化学療法CEFを4月より4クール受け、現在はタモキシフェン内服中です。

化学療法開始後より月経が止まっているため、リュープリン等は行っておりません。

納得して治療を受けていたつもりだったのですが、最近田澤先生のこのQ&Aを知り、上記の自分の状況に疑問点が生じてまいりました。

質問
①浸潤径というのは本来術後病理の結果が正式なものだと思うのですが、何故「画像評価をもとにすると2cm」と判断されてしまったのでしょうか?そのような考え方もあるのでしょうか?

②主治医からは年齢、核異型度、脈管侵襲中程度という点より化学療法を提案され、治療を受けました。
しかしQ&Aを拝読させていただくと、私の場合は化学療法の上乗せが殆ど期待できないタイプのものであると感じ、更に、再発リスクが高いのなら何故CEFのみを行ったのだろう、と疑問に感じます。
これからでも、タキサンを追加する意味はあると先生はお考えですか?

③化学療法をすることで、ホルモン感受性が低下もしくは陰性化することはありえますか?

④主治医からは、無治療だと再発・遠隔転移率は35%程度だといわれましたが、治療をするとどの程度それが低下するのかは提示してもらえませんでした。
私の場合の10年無再発生存率はどの程度なのでしょうか?

以上長文申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

ルミナールAで術後抗癌剤をしたということですね。

「質問
①浸潤径というのは本来術後病理の結果が正式なものだと思うのですが、何故「画像評価をもとにすると2cm」と判断されてしまったのでしょうか?そのような考え方もあるのでしょうか?」

⇒理解しがたいですが、(想像するに)担当医の性格(慎重派?)なのでしょう。

「これからでも、タキサンを追加する意味はあると先生はお考えですか?」
⇒全くありません。

「③化学療法をすることで、ホルモン感受性が低下もしくは陰性化することはありえますか?」
⇒それはありません。

「私の場合の10年無再発生存率はどの程度」
⇒10%です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。