[管理番号:6180]
性別:男性 ⇒内容から女性として扱います。
年齢:44歳

田澤先生

初めまして。

日頃から当サイトで勉強させて頂いており、大変有りがたく感じております。

この度、妻(44歳)の診療内容につき、ご相談致したく存じます。

昨年末に検診で石灰化を指摘され、年始にマンモトームにて非浸潤性乳がんの診断となり、2月に乳頭乳輪温存皮下乳腺全摘術をうけ、ティッシュエキスパンダーを挿入中です。

病理の結果も非浸潤性乳がんだったのですが、深部側断端が僅かに陽性とレポートされました。

腫瘍径 17×6×7mm
ER 100%、PR 100%
HER2 不明
ki67 2%
NG 2
担当医は「深部側は筋膜で剥離しているので、癌が残存する可能性は低いが、乳管の壁が筋膜に残っているかもしれないから、
念のため、放射線とホルモン療法を受けるべき」と提案しておられます。

以下の疑問が有るのですが、回答頂けますでしょうか。

①放射線治療の選択はは適切でしょうか?
担当医は追加で切除する部分はなく、見付けることも出来ないと言っていますが、追加切除はしないものなのでしょうか。

②ホルモン治療は必要でしょうか。
断端陽性なので、局所療法としての放射線はまだ理解できますが、全身療法のホルモン治療の必要性が今一つわかりません。

③断端陽性部を切除しないことにより、転移再発率は悪化しますか?
非浸潤性乳がんは綺麗に切除すれば根治と伺っていたため、残念であり、不安です。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「「深部側は筋膜で剥離しているので、癌が残存する可能性は低いが、乳管の壁が筋膜に残っているかもしれないから、念のため、放射線とホルモン療法を受けるべき」と提案」
→非浸潤癌ならば、あり得ない事です。

「担当医は追加で切除する部分はなく、見付けることも出来ないと言っていますが、追加切除はしないものなのでしょうか。」
→私は、そもそも深部断端で追加切除などしたこともありませんが…

 理屈でいえば、「大胸筋膜を全て剥がす」ことは可能です(その必要があるとは思いませんが)

「②ホルモン治療は必要でしょうか。」
→不要です。

「全身療法のホルモン治療の必要性が今一つわかりません。」
→正しい理解です。

「③断端陽性部を切除しないことにより、転移再発率は悪化しますか?」
→非浸潤癌で全摘しているのに「根治ではない」事自体、異常なことであり、「ありえない」と思います。

「非浸潤性乳がんは綺麗に切除すれば根治と伺っていた」
→まさに、その通りです。

 ★要は、執刀医自身が(自信を持って)「深部断端陽性など、ありえない。」と言えればいいだけの話なのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。