乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:6178]
性別:女性
年齢:45歳

初めまして。

日々、お忙しいところ失礼致します。

昨年、しこり発見してから何回も見させていただき、勉強させていただいています。

しこり発見から現在に至るまで、このサイトのおかげで、冷静でいることができました。

ありがとうございます。

昨年、BD領域に2センチのしこり自覚。

嚢胞内腫瘍疑いでCNB。
結果、鑑別困難。

その後、他医にて、前医のプレパラートで、
HE及び免疫染色結果からは被包型の乳管癌を考えます。
非浸潤癌である可能性は十分考えられますが、病変辺縁部の筋上皮細胞も不明瞭であり、DCISとは断定できません。
前医の検体のみでは浸潤の有無は確診困難な為、
ductal carcinomaとします。
でした。

温存可能でしたが、今年全摘をしました。

結果、Invasive ductal carcinoma
with intracystic papillary
carcinoma
嚢胞内成分30×28㎜ 浸潤巣8×4㎜
ER(+)PgR(+)HER2(1+)Ki67(10%)切除断
片(-)センチネル(-)組織HG(Ⅱ)
嚢胞性病変があり、腔内に細胞増生巣を認めます。
嚢胞壁の一部には浸潤成分も存在しf(+)になっています。
嚢胞内腫瘍成分を伴ったinvasive ductal caの診断となります。
嚢胞内増生巣は筋上皮を欠く篩型増生ですが、嚢胞liningには筋上皮を認める部分があることから嚢胞内成分はencapsulated
typeではなく、intracystic typeの
papillary caの判断となります。
でした。

術後治療は、経過観察(マンモ/1y)となりました。
経過観察になり、ホルモン療法はいい
のかな?と思い、相談させていただきたく、
質問させていただきました。

また、嚢胞内癌は調べてもあまりでてこなく、再発割合、気をつけること(検診以外で)
ありましたら、ご教示下さい。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「経過観察になり、ホルモン療法はいいのかな?」
→浸潤径8mmだから、確かに適応はありますが…

 再発低リスクであり、副作用とのバランスで考えるべきです。

「また、嚢胞内癌は調べてもあまりでてこなく、再発割合、気をつけること(検診以外で)ありましたら、ご教示下さい。」
→「嚢胞内癌」という括りは全く無意味です。

 嚢胞内癌とは、乳管内にできた腫瘍が(たまたま乳管を閉塞して)液体を貯留しただけの話です。『今週のコラム 51回目 嚢胞内腫瘍 これは嚢胞ではありません』をご参照のこと

 単純に「浸潤径8mmの癌」として考えればいいのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。