乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5548]
性別:女性
年齢:41歳

田澤先生、はじめまして。
お忙しい所、恐れ入ります。

とても不安なので、教えて頂けますでしょうか。

マンモグラフィー検診にて石灰化あり、先日、総合病院で右側乳腺部分切除術+センチネルリンパ節生検をしました。

 術前の生検の結果、
    stage1(T1N0M0)
ルミナルHER2type
ER:(100%)
PR:(80%)
HER2: score3
Ki-67 LI: 20% approx
 術中センチネルリンパ節生検(陰性)でした。

今、術後の病理検査結果待ちなのですが、今後の予測される治療と、それに伴う副作用、再発(局所、転移)の可能性について、先生のお考えとしてはどうでしょうか。
よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「今、術後の病理検査結果待ちなのですが、今後の予測される治療」
⇒「局所療法」と「全身療法」に分けて考えなくてはなりません。(その両方を行うのです)

 (局所療法として) 部分切除なので「術後放射線照射(副作用は乳房皮膚の日焼け程度)」が必要
 (全身療法としては)ルミナールAなので「ホルモン療法単独(化学療法なし)(副作用はのぼせやホットフラッシュ)」

「再発(局所、転移)の可能性」
⇒局所再発(温存乳房再発)のリスクは(一般論として)「照射すると5%以下」となります。

 全身の遠隔転移再発のリスクについては、浸潤径や核グレードなどないので不明です。(病理結果で確認してみましょう)

 
 

 

質問者様から 【質問2】

術後病理検査の結果
性別:女性
年齢:41歳

管理番号:5548

田澤先生、先日はお忙しい所ご返答下さいましてありがとうございました。

術後病理検査の結果ですが、
 
  診断:DCIS、Grade2
     No residual invasive carcinoma
組織所見:進展範囲5㎜×13mmで、切除断端は陰性
  
  センチネルリンパ節転移なし(0/3)

今後タモキシフェン内服と放射線照射をすることになりました。

これで十分でしょうか。
また全身の遠隔転移再発の可能性についてはどうでしょうか。
先生のお考えを頂けますとありがたいです。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「No residual invasive carcinoma」とありますので、生検(ST-MMTなのか?
 外科的生検なのか?)の種類のもよりますが、「浸潤部分は小さい」と思います。
(最大浸潤径は言われていますか?)

「これで十分でしょうか。」
⇒(術前の生検で)浸潤部分のサブタイプがルミナールAなので化学療法は不要です。

「また全身の遠隔転移再発の可能性についてはどうでしょうか。」
⇒最大浸潤径が不明ですが…

 殆ど無いでしょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。