乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5344]
性別:女性
年齢:54歳

こんにちは。

初めて質問させて頂きます。

今年5月末の検診で右胸にしこりがみつかり6月に精密検査を受診したところ乳がんが見つかりました。

その後、PET検査を受け、7月に温存術で手術を受け、現在、放射線治療中です。

今になり病理検査結果が気になり、
先生にお伺いしたいと思います。

結果詳細
閉経後

病期 TKNOMO
ステージ1
術式 右
乳房温存術 Bp+SN
センチネルリンパ節生検
リンパ節郭清 なし

組織型 IDC(sci)
診断:浸潤性乳管癌?浸潤径:1.2×1.1cm
センチネルリンパ節生検 陰性
リンパ節郭清 なし
エストロゲン受容体 陽性 95%
プロトゲステロン受容体 陽性 5~50%
染色法 0.1+
脈管浸潤 陰性
組織学的グレード 3?切除断端:陰性?Ki-67:20~30

放射線治療後にホルモン治療を行う予定です。

ただ、グレード3 とki67が20~30というところが気になり、主治医に聞いたところ、あなたの場合、抗がん剤はあまり勧めない。
と言われました。

でも、もしやりたいのなら構わないとも言われてます。

ネットでたくさんの情報を見てるうちに大変不安になりましたが、
先生のページを拝見し信頼出来る先生と確信し思い切ってメールをしました。

確かにki67 20~30はグレーゾーンとの記事を目にしました。

本当に抗がん剤無し、ホルモン治療のみで良いのか悩んでます。

先生ならこのような患者さんにはどうな治療を勧めますか?
それと、ホルモン治療のみの再発率はどのくらいでしょうか?

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「確かにki67 20~30はグレーゾーンとの記事」
「先生ならこのような患者さんにはどうな治療を勧めますか?」

⇒OncotypeDXをお勧めします。

「それと、ホルモン治療のみの再発率はどのくらいでしょうか?」

 ルミナールAとBを混ぜたもので「ホルモン療法+抗癌剤」を行うと再発率は7%となります。
 これを(やや無理やり)解釈すると

 (OncotypeDXを行い)ルミナールAとなれば「ホルモン療法単剤で再発率7%」となり、
 (     〃       )ルミナールBとなれば「ホルモン療法+抗癌剤で再発率7%」に近くなると思います。

 ☆つまり質問者がルミナールAならば回答は7%となりますが、(もしもルミナールBならば)「上乗せが10%程度だと推測すると、回答は17%程度と想像」します。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。