乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5203]
性別:女性
年齢:45歳

田澤先生、はじめまして。
田舎で、選べるほど病院がない地域に住んでいます。

術後の治療で不安を感じているので、教えて頂けると有り難いです。

45歳 生理あり  女性です
今年3月末に告知され、4月(下旬)日に左乳房全摘しました。

術前のCNBではっきり癌だと診断されたしこりは乳頭近くに1センチほどでしたが、
造影MRI画像に乳頭付近から放射状にフワフワと広がって写っていた所もガンで乳管内進展が6cm近くありました。

ステージⅠと言われていましたが、術後はステージⅡBになりました。

(5cm超でもⅡBですか? 早期と言われてましたが、早期ではなくなりましたよね?)

乳管がん
グレードⅡ
ki-67 10%
ER 95%
PgR 95%
Her2 (+)陰性
脈管侵襲なし ly0 v0
リンパ転移なし

全摘したので放射線治療なし
ルミナールAなのでホルモン治療(リュープリン2~3年、タモキシフェン5年 予定)のみ5月中旬から開始しています。

ルミナールAは抗がん剤やってもほぼ無意味と聞きますが、
乳管内進展が6センチも進んでいたので、ホルモン治療だけで大丈夫なのか不安です。

(進展部分の浸潤程度は不明です)

あと、エコーでは「しこりに血流がある」と言われました。

エコーに赤と青の血液の流れが映りました。

これがCNBする決定打になったのですが、それでも、術後の病理では脈管侵襲なし。

これは、腫瘍に血流はあったけれど、大きな血管は喰ってなかったという事で良いのでしょうか?
血管侵襲がなかったので、遠隔転移の心配はあまり気にしなくて良いのでしょうか?

また、全摘したけど術側の胸壁やリンパ転移(再発)の可能性もあると言われたのですが、乳腺がないのに術側に再発とは? 
リンパも?と、理解できないのですが、どういう事でしょうか?

マンモに写らず、触診とエコーでは判別できるしこりは12年前から存在していて
毎年乳腺外来を受診していたのにこんなに広がるまで見逃されていた現状で、色々と不安を感じます。

それから、ホルモンの問題に関してですが、薬草酵素温浴というものに定期的に通っています。

もしも薬草の中にホルモンに影響するものが入っていたら、再発に影響しますか?
薬草の種類は詳しくは分かりません。
気にする物は入ってないのかもしれません。

漢方薬局で入浴剤として一般向けに売っている配合と同じだと聞いています。

せっかく免疫アップのために通っていても、不安があると効果半減しそうなので、自信を持って通いたいです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「(5cm超でもⅡBですか?」
⇒pT3(6cm)、pN0,pStageⅡBで正解です。

「早期と言われてましたが、早期ではなくなりましたよね?)」
⇒乳管内進展と(本物の)「腫瘍の大きさ」とは「似て非なるもの」という印象を私は持っています。(同様の感覚は小葉癌の浸潤径でもあります)
 ♯塊としての5cmとダラダラ連続した5cmではvolumeが違いますよね?

「(5cm超でもⅡBですか? 早期と言われてましたが、早期ではなくなりましたよね?)

「あと、エコーでは「しこりに血流がある」「術後の病理では脈管侵襲なし。」
⇒大変な勘違いをしています。

 「しこりに血流がある」というのは、(腫瘍血管が発達して)「沢山の血液(酸素)を貰い盛んに増殖をしている」という意味で「癌を疑う所見」となります。
 それと、「脈管侵襲」とは全く無関係です。

 脈管侵襲とは(顕微鏡で)癌の組織を見た際に「血管の中に癌細胞が目立つのかどうか?」という所見にすぎません。
 「栄養血管として癌細胞に入っていく所見」と(顕微鏡的に)「癌細胞が血管の中に出ていく所見」は全く無関係です。

「これは、腫瘍に血流はあったけれど、大きな血管は喰ってなかったという事で良いのでしょうか?」
⇒上記通りです。
 全く誤った理解です。

「血管侵襲がなかったので、遠隔転移の心配はあまり気にしなくて良いのでしょうか?」
⇒脈管侵襲は参考程度にしましょう。

「また、全摘したけど術側の胸壁やリンパ転移(再発)の可能性もあると言われたのですが、乳腺がないのに術側に再発とは?」
⇒これは手術時に、大胸筋や皮膚に残した癌細胞があると再発するのです。

「リンパも?」
⇒これはセンチネルリンパ節生検で誤ったリンパ節をセンチネルと認識して転移がないと思っていたら、(もともと癌細胞が潜んでいた)リンパ節が徐々に大きくなる場合です。(通常はありません)
と、理解できないのですが、どういう事でしょうか?

「もしも薬草の中にホルモンに影響するものが入っていたら、再発に影響しますか?」
⇒無関係です。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

術後6ヶ月でCTは必要ですか? ホルモン療法の副作用でしょうか?
性別:女性
年齢:45歳

『管理番号:5203 乳管内進展が進んでいた場合の術後治療について の続きです』
先日はありがとうございました。

①術後6ヶ月で全身CTと言われています。
 必要ですか?
術前(4月)は、造影MRI、造影CT、骨シンチ、レントゲン と、ひ
と通りやっています
再発を心配する症状などがあった時に撮影では間に合いませんか?

浸潤性乳管がん 左乳房全摘
ステージⅡB(しこり1センチ・乳管内進展6センチ弱)
リンパ転移なし
グレードⅡ
ki-67 10%
ER 95%
PgR 95%
Her2 (+)陰性
脈管侵襲なし ly0 v0

術後治療はリュープリン2-3年と、タモキシフェン5年予定です

②ステージⅠと思っていたら術後はⅡBになったので「気を引き締めていく必要があります」と言われていますが、私の再発リスクは高いのでしょうか?
再発率はどのくらいなのでしょうか?

③今後の定期診察にて、年1回の健側のマンモと両側のエコー以外に必要なものはありますか?

CTだけでなく、そのうち骨シンチもあるのではと感じています。

(手術前に、術後は定期的にCTとRIがあると言われました)
リュープリンがある間は3ヶ月ごとの受診、採血あり、です。

その後は6ヶ月ごとになりそうです。

④ホルモン療法を始めてから、のどの詰まり感を感じています。

耳鼻科でレントゲンとカメラを入れて貰い、「のどが狭い」との事でした。

これはホルモン治療の副作用の1つでしょうか?
近くの婦人科も受診して、半夏厚朴湯を処方して貰っていますが、効き目は「?」です。

副作用対策の方法はありますか?

⑤ホルモン値は調べなくて大丈夫なのでしょうか?
中には、ホルモン療法中にホルモン値が上がってしまう人もいると聞きます。

⑥全摘側で再発があった場合は、しこりとして触れますか?

⑦胃がん検診(バリウム)、肺がん検診は今年も受けるように言われましたが、被爆が気になります。

受けても大丈夫でしょうか? 全身CT撮ったのに必要なのか?とも思います。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「①術後6ヶ月で全身CTと言われています。 必要ですか?」
⇒不要です。

「術前(4月)は、造影MRI、造影CT、骨シンチ、レントゲン と、ひと通り」
⇒無駄な被爆のオンパレードです。

 その位で止めときましょう。

「私の再発リスクは高いのでしょうか?再発率はどのくらいなのでしょうか?」
⇒再発率は高くはありません。
 ホルモン療法を行えば10%以下となるでしょう。

「③今後の定期診察にて、年1回の健側のマンモと両側のエコー以外に必要なものはありますか?」
⇒採血腫瘍マーカーくらいです。

「副作用対策の方法はありますか?」
⇒その内、慣れるでしょう。

「⑤ホルモン値は調べなくて大丈夫なのでしょうか?」
⇒全く不要です。

「⑥全摘側で再発があった場合は、しこりとして触れますか?」
⇒当たり前のことですが…

 小さいうちは触れないし、大きくなれば触れるようになります。

「⑦胃がん検診(バリウム) 受けても大丈夫でしょうか?」
⇒是非、受けましょう。

「全身CT撮ったのに必要なのか?」
⇒無関係です。

 CTでは消化管は(余程大きくならないと)見えません。
 消化器系の検診は受けなくてはなりません。乳癌とは無関係ですが、一般論として)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。