乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5426]
性別:女性
年齢:44歳

いつもこのサイトで勉強させていただいています。

2年半前に、右胸を部分切除しました。
ステージは2aでした。

子宮卵巣摘出したため、アロマシン服用中、4ヵ月前から、色々な辛い症状がでて、卵巣欠落症状と診断されて、漢方薬を服用していましたが、つい最近、内科で、甲状腺機能亢進症と診断されました。

先日の定期検診の血液検査でI型コラーゲンCテロペプチドの値が基準値を大きく越えた20でした。
主治医は気にしなくていいとおっしゃいましたが、不安です。

痛みがでてからの検査になるんでしょうか?
前回は、5.3でした。

他のマーカーらは、どちらも低値でした。

甲状腺機能亢進症で、数値が高くなるとかありますか?
田澤先生のお考えをお伺いしたいです。
お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

腫瘍マーカーはCEAとCA15-3だけで十分です。
悩むようなら(最初から)ICTPなど測定しなければいいのです。

「主治医は気にしなくていいとおっしゃいました」
⇒同意見ですが…

 だったら「何で測定してるの??」と突っ込みを入れたくなりますね。
 ○気にしない様にしましょう。(次回から、ICTPは項目から削除してもらいましょう)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。