乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:4313]
性別:女性
年齢:38歳

田澤先生、こんにちは。

いつもHPで勉強させていただいております。

宜しくお願い致します。

【病理結果】

T2(左胸 浸潤径21mm×11mm 広範囲に非浸潤癌)
N1(1/10 センチネルで2mm1個)
?0
ステージ:ⅡB
ER(-) PgR(-) HER2(-)
scirrhous carocinoma
f(+) ly(+) Ⅴ(-)
NG3 ki67:70%

9月初旬に左胸全摘手術、リンパ廓清(レベル1)

10月初旬から12月まで抗がん剤 EC4回終了。

1月からWeekly PTXをしており、4月上旬に終了予定(12回)です。

その後の治療についてですが、放射線治療をした方がよいのか悩んでおります。

放射線治療をするとしたら広範囲にするとのことでした。

【質問】

①私のようなタイプの乳がんの場合は、リンパ転移1個でも放射線治療はした方がよいのでしょうか?

また放射線治療した方がよい場合、回数は何回がよいのでしょうか?

主治医はやるとしたら25回か30回と仰っていました。

②放射線治療したことによって、再発のリスクはどのくらい下がりますか?

③放射線治療をするとしたら広範囲と聞いているので副作用が心配です。

なるべく副作用が軽く済む方法を考えています。

子供がおり、抱っこする時に照射部分の皮膚が痛んで抱っこできなくなるのではないか等心配です。

調べていた所、トモセラピーというのを見たのですが、
私のような場合の術後予防照射でもトモセラピーは有効でしょうか?

有効な場合、通常照射より照射回数はトモセラピーの方が少なくて済むのでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「①私のようなタイプの乳がんの場合は、リンパ転移1個でも放射線治療はした方がよいのでしょうか?」
「また放射線治療した方がよい場合、回数は何回がよいのでしょうか?」
「主治医はやるとしたら25回か30回と仰っていました。」

⇒不要です。

 4個以上で行います。
 1-3個は推奨度Bですが、そもそも全身療法が不十分な時期のエビデンスです。
(現在の全身療法では、ベネフィットは殆どないでしょう)

「②放射線治療したことによって、再発のリスクはどのくらい下がりますか?」
⇒殆ど変わりありません。

「私のような場合の術後予防照射でもトモセラピーは有効でしょうか?」
⇒胸壁+鎖骨上の予防照射の場合には、「あまり違わない」と思います。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。