乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5302]
性別:女性
年齢:65歳

初めて質問させていただきます。

2012年8月末に右胸全摘手術をして満5年になります。
現在65歳。

病理診断は
breast, rt AC、invasive ductal carcinoma, scirrhous type, f,pT1, pNO Nuclear grade 1 (atypia2,mitosiss 1)
病理初見は(右乳房切除材料)
右AC領域に、径9mmの腫瘍。
腫瘍細胞は異型核を持ち、索状巣を形成
し脂肪織に浸潤。
背景には DCいSが広がっている。
Invasive ductal
carcinoma, scirrhous typeの像。
リンパ菅・静脈侵襲像は観察されない。

Ki67 2%
ER 8  PgR 4  Her2: 1+
骨塩量は骨粗鬆症ではないが低め。

ホルモン治療を行い、フェマーラとアルファロールをずっと服用しています。

また昨年(2016年8月)に骨粗鬆症となりボノテオを月1度服用しております。

1年後の検査で骨塩量が腰椎 -4,3から-3.8に改善、大腿骨は-1,9から-2.0と少し悪くなりました。

このときの診察で、主治医からホルモン剤をそろそろやめてはどうかと言われました。
癌の今後の転移の可能性よりも、骨粗鬆症によるリスクの方が高いからということです。
薬を頼りにしてきたので、それがなくなることにとても不安を感じます。

質問です。

1.乳がんの進行はゆっくりだということなので、10年ほどホルモン治療を続けたいと思っていたのですが、5年でやめた場合の再発率はどうなのでしょうか。
あまり変わりはないのでしょうか(主治医は10年の調査はないとのことでした)。

2.ボノテオと一緒にホルモン剤の服用を続けるというのは、推奨されることでしょうか。

どうぞご教示のほどよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

ホルモン療法の至適投与期間は現時点では5年間です。
10年投与の優位性はエビデンスがありますし、有害事象もコントロールの範囲内かもしれませんが、
重要な視点として『医療経済的観点(言い換えれば「費用対コスト」」』が欠けています。

ホルモン療法も保険医療であることを忘れてはいけません。
そこから考えると「早期患者さん」は5年投与とすべきと(現段階では)私は考えます。

○質問者は「浸潤径9mm」「NG1」「Ki67=2%」
 ⇒「超早期」で(しかも)「かなり大人しい」
  私だったら(骨粗鬆症とは、そもそも無関係に)「ホルモン療法は5年間」とします。

「5年でやめた場合の再発率はどうなのでしょうか。あまり変わりはないのでしょうか」
⇒ほとんど変わらないと思います。(担当医のいうように、再発率のデータはありません)(主治医は10年の調査はないとのことでした)。

「2.ボノテオと一緒にホルモン剤の服用を続けるというのは、推奨されることでしょうか。」
⇒5年過ぎたのだから、不要です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。