乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5583]
性別:女性
年齢:26歳

一週間程前から左脇~背中に張りや違和感があり自己触診した所、左胸上部に米粒大(2~3mm)のしこりを発見しました。

触れた感じは丸く、押すと潰れた感じがして圧痛もあります。
動きも多少あります。

・既病歴は2年前に卵巣嚢腫手術
現在も半年に一回定期的に通院(服薬等なし)
・家族に乳癌病歴なし
・未婚、未出産
・現在生理3日目

慌てて病院に予約した所、大変混み合っており診察は1ヶ月先になるそうです。

因みに今回とは別に左胸にのう胞(先生曰くニキビみたいな物だそうです)があり5年前から触診とエコーで半年に一回経過観察して頂いてます。
マンモは30歳からだそうです。

丁度1ヶ月半前に診て頂いた時は特にのう胞は変化なし、他は異常なしでした。

もし今回のしこりが癌など悪いものだった場合に1ヶ月も放っておいて大丈夫なのでしょうか。
他の病院へ行って早く診てもらった方が良いのでしょうか。
とても心配です。
どうした方が良いのでしょうか。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

米粒大のシコリとありますが…
まずは「お知らせ」の中の『授乳中の「乳輪下の米粒大のシコリ」や「痒み」については『乳房の痒み』の回答を、まずはご一読ください。
をご一読ください。

☆「米粒大のシコリ」というのは、殆どが皮下もしくは乳腺の線維化などです。(実臨床上)
  それほど「小さなもの」が触知するということは「かなり浅い位置にある=殆ど心配する必要がない」ことが殆どなのです。

「自己触診した所、左胸上部に米粒大(2~3mm)のしこりを発見」
⇒私が、しばしば自己検診でコメントしているように…

 自己検診で発見すべきは(米粒大ではなく)「ビー玉くらいの大きさ」にしましょう。 
 ♯自己検診については、(これも)「お知らせ」の『乳がん 恐怖 検診のペース』をご一読ください。

「慌てて病院に予約」
⇒「米粒大」で「慌てる」必要はありません。

「大変混み合っており診察は1ヶ月先」
⇒本来は、1カ月以上は「自己検診の継続」して、「それでも気になるなら」受診の方がいいでしょう。

「丁度1ヶ月半前に診て頂いた時は特にのう胞は変化なし、他は異常なし」
⇒1カ月半前にエコーしているのなら…

 尚更、暫く経過をみることです。(これが自己検診の上達に繋がるのです)

「もし今回のしこりが癌など悪いものだった場合」
⇒そもそもその可能性は「極めて低い」ですし、

「1ヶ月も放っておいて大丈夫なのでしょうか。」
⇒万が一(というより、億が一に)癌だとしても、「米粒大で1カ月放っておいて大丈夫か?」という発想自体、(我々からみれば)ナンセンスなことなのです。

 「放っておく」という意識では無く、「自己検診を続けている」という意識転換することです。

「他の病院へ行って早く診てもらった方が良いのでしょうか。」
⇒全く不要です。
 ご安心を。


「とても心配です。」

⇒私から見れば…

 「心配する要素」が全くありません。


「どうした方が良いのでしょうか。」

⇒自己検診の継続をしてください。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。