乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3871]
性別:女性
年齢:66歳

乳癌(肺、肝、骨、リンパ転移あり)治療中で先日FEC療法の6回目を終えました。

今後はタキサン療法を行う予定ですが、FEC療法の1,2回目に減量をしたため、医師より減量をした分、7回目をしますか?と問われました。

医師は提案のみであって、決めるのは本人とのことです。

前例もないとのことです。

本人は何を規準に考えればよいのか迷っている状態ですが、7回目をするメリット
デメリットがあれば教えていただけないでしょうか?
決める材料にさせていただけたらと思います。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「前例もないとのことです。」
⇒難しく考える必要はありません。

 アンスラサイクリンは生涯投与量が決まっています(心毒性のために)
  ファルモルビシンで800-900mg/m2
ドキソルビシンで450-500mg/m2

 (減量して7回だろうが、通常量で6回だろうが)これを超えなければ大丈夫です。

「7回目をするメリット デメリットがあれば教えていただけないでしょうか?」
⇒メリット アンスラサイクリンが「最大量」使える(治療効果の意味で)

 デメリット ご本人が(アンスラ特有の)吐き気を「もう一度」我慢する必要がある。(副作用の面で)
 ♯総投与量が上記許容範囲内であれば「心臓は大丈夫」です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。