乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:2193]
性別:女性
年齢:44歳

初めまして、宜しくお願い致します。

昨年の10月頃、自分でしこりに気づき検査をしたところ乳癌でした。

検査機関では手術ができないので、紹介状をもらいました。

12月中旬 1回目:マンモ・触診・エコー・針生検・血液・尿の検査をしました。
この時のエコー画像を見ながら、「しこり以外にも怪しいものがある。」と、医師は言っておりました。

    
2回目:CTのみ

3回目:MRI  その後、診察。

その時の検査の結果を、ざっくりと申します。

「MRIで肝臓に黒い影はありますが、多分良性のものでしょう。
他に転移はなさそうなので、ステージ1~2、しこりは1cm、初期の乳がんでホルモン治療が出来ないもの」でした。

その後、もう一度エコーを見ました。

乳房全体を見ているとき、しこりは1cmと言ってたけど触ると3cm位なのはなぜか言う私の質問に「良性のものとくっついている感じかな?」
医師いわく、水たまり(良性のもの)がいっぱいだそうです。

結局、脇のリンパを含め3か所から細胞診を行いました。

脇のリンパの画像は
素人の私の目で見ると、中身がすかすかのあんまん。
(あんの部分は白い)という印象でした。
分かりにくくてすみません・・・。

○○日に骨の検査もやる事になりました。
○○日、入院予定です。

MRIやCTには写ってなくても、エコーで確定される転移はあるのでしょうか?  

お忙しいところ、長くわかりにくい文面で申し訳ありません。

宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「ステージ1~2、しこりは1cm、初期の乳がん」
「脇のリンパの画像は素人の私の目で見ると、中身がすかすかのあんまん」
⇒これらの表現からするとcT1, cN0-N1, cStage1-2Aの様です。

 「腋窩リンパ節細胞診」をしているようですが、術中に「センチネルリンパ節生検をすれば済む」のに、何の意味があるのか…
 

「○○日に骨の検査もやる事になりました。」
⇒無意味な検査です。

 医療被曝について、もう少し配慮が必要だと思います。
 

「MRIやCTには写ってなくても、エコーで確定される転移はあるのでしょうか? 」
⇒この場合の「転移」とは「リンパ節転移のこと」ですか?

 「リンパ節」に関しては「エコーが最も重要」だと思います。
 遠隔転移はありえません。
 ご安心を。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

こんにちは。
お忙しいところすみませんが、宜しくお願い致します。

手術前の説明の時、腫瘍は1.7cm、リンパ転移なし、ホルモン治療が出来ないタイプ(勉強不足の為この時、トリプルネガティブとは私は知りませんでした。)早期の為、温存で行きましょう。

「私の母も乳がんで亡くなっているので、リスクが下がるのであれば、全摘のほうがいいのでは?」と言ったところ、術後の治療次第で、リスクは変わりません。
希望するのであれば、全摘をしますけど。
と、言われたので変わらないのであればと温存を選びました。

ですが、術後の病理結果を知らされ不安で仕方ありません。

(病理検査結果)
 1、腫瘍の大きさ(浸潤した部分) 3cm
 2、腋の下のリンパ節転移 0個(0/2)
 3、組織学的異形度(がんの顔つき) Ⅱ
 4、浸潤性乳管癌
 5、トリプルネガティブ

術後の治療は、来週確定するが、TC3週毎に4回か、FEC4回、その後は放射線治療5週間、希望するなら治験。
抗がん剤治療後のリスクを聞くと、1割ダウン。
術後の治療は本人の希望によってするので来週までに考えておいて下さい。
と言われました。
見放されたようで、不安です。

上記は口頭で説明を受けたものです。
もう1枚は専門すぎてわからないのでそのまま記入します。

(Diagnosis)
Invasive ductal carcinoma of the left breast,Bp
-area:C,size:3.0×1.3×2.5cm
-papillotubular carcinoma>solid-tubular carcinoma
-f,ly(-),v(-),pNO(#sentinel lymph node=0/2)
-Histological grading Grade 2
(tubule and glandformation=2,nuciear pleomorphism=
2,mitotic counts=3)
-ER(-),pgR(-)(<1%),HER2:score 0
-surgical margin:positive(深部断端陽性)

(Comments)
  5.5×5.7×1.8cmの左乳房C領域のBp検体が提出されています。
最大割面では1.2×0.8cmであり、白色充実性を示す地図状に広がる腫瘍を認めます。
組織学的にはクロマチンが増量し、腫大した異型核と両染性の細胞質を持つ腫瘍細胞が充実性の大小の胞巣状構造や示して脂肪組織内や間質の線維性組織を浸潤しています。
また、乳腺小葉への侵入像様に類似した胞巣から管状構造を示しているのもやや目立ちます。
このような小葉内に入りこんでいるように見える部分でも免疫染色を行うと、筋上皮の取り囲みはなく、invasive ductal carcinomaの浸潤巣と見なされます。

Papillotubular carcinoma>solid-tubular carcinomaの像です。
核分裂像が多いところでは強拡大1視野に5~6個認められます。

D2-40の免疫染色とEVG染色を行いましたが、リンパ管侵襲、静脈侵襲は明らかではありません。
尾側寄りの深部断端ではcarcinomaの浸潤巣が断端から3㎜程度露出しているのを認めます。
非腫瘍部の乳腺組織では一部にadenosisを認めます。

今になって言っても仕方ないのですが、私はあの時担当医の言葉を信じて、温存術で良かったのでしょうか?
上記の状態で私の10年生存率はどのくらいあるのでしょうか?
今後の治療は何をしたら良いのでしょうか? 長文で申し訳ありません。
宜しくお願いします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

pT2(30mm), pN0, pStageⅡA, HG2, triple negative

「術後の治療は、来週確定するが、TC3週毎に4回か、FEC4回」
⇒triple negativeのgolden standard は「アンスラサイクリン+タキサン」だと思います。
 

「今になって言っても仕方ないのですが、私はあの時担当医の言葉を信じて、温存術で良かったのでしょうか?」
⇒特に問題はありません。

 「局所療法」(温存するか?全摘するか?)と「全身療法」(抗癌剤するか?)は全く無関係です。

 ○つまり「温存だから化学療法が必要」ではなく、「全摘でも化学療法は必要」なのです。
 

「上記の状態で私の10年生存率はどのくらいあるのでしょうか?」
⇒無治療では「71%」となります。
 

「今後の治療は何をしたら良いのでしょうか? 」
⇒golden standard(アンスラサイクリン+タキサン)です。

 担当医の言う様に「TCもしくはFEC」だと「上乗せが7%」となりますが、「アンスラサイクリン+タキサン」では「上乗せは12%」(その差5%)となります。
 

 ★アンスラサイクリン+タキサンとは「ECもしくはAC(アンスラサイクリン)」+「タキサン(ドセタキセルもしくは毎週投与のパクリタキセル)」となります。

 
 

 

質問者様から 【質問3】

田澤先生、こんばんは。
質問者に対する人間的な思いやりの回答、読み
ながら前向きに頑張っている者です。

また質問をさせていただきます。
お忙しい中、宜しくお願い致します。

術後の治療はTCの予定だったのですが、トリプルネガティブ、腫瘍3cm、母親が乳がんの手術から3年後に亡くなっております。

それをふまえて、通常は行わない病理検査をしたところ、EGFR陽性だったのでFEC×4・ドセタキセル×4・放射線に、決定しました。

 
質問なのですがEGFR陽性とは、いったいなんでしょうか?

繁殖力の強い=悪性度が高い・・・のようなコメントを医師はおっしゃっていた気がします。

私のようなタイプの乳がんは、やはり再発率、転移率は高いのでしょうか?

回答の程、宜しくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

pT2(30mm), pN0, pStageⅡA, HG2, triple negative
前回回答したように、golden standardは「アンスラサイクリン+タキサン」です。

「FEC×4・ドセタキセル×4」
⇒golden standardの「アンスラサイクリン+タキサン」です。

 但し、何故FECなのか?
 FECx6 = ACx4 が報告されている以上(FECではなく)「ACまたはEC」の方がいいと思います。
 

「質問なのですがEGFR陽性とは、いったいなんでしょうか?」
⇒少々、難しい話をしますが…

 細胞内に増殖シグナルを伝達する経路があり、その中に「EGFR: Epidermal Growth Factor Receptor」ファミリーがあります。
 このファミリーには「EGFR, HER2, HER3, HER4」が存在しています。

 ○HER2が乳癌の分子標的薬として「トラスツズマブ(ハーセプチン)」があることはご存知でしょうか?
  当然、同じファミリーであるEGFRにも「分子標的薬(ゲフィチニブやエルロチニブ)」があり、これらは「肺癌で臨床応用」されています。

 ○トリプルネガティブに対するターゲット療法として(トリプルネガティブの約半数がEGFRを過剰発現しているとされているため)「抗EGFRをターゲットとする」という発想があります。
  ただし、現時点では「肺癌のような、効果があるデータがない」ため、(乳癌に)適応となる薬剤は存在しません。
 

「私のようなタイプの乳がんは、やはり再発率、転移率は高いのでしょうか?」
⇒上記コメント通り、「EGFRはトリプルネガティブの約半数に発現」しており、決して「特別な存在」ではありません。(よって、予後とは無関係です)

 近い将来、「これをターゲットとした効果的な薬剤がトリプルネガティブの標的療法となる」ことが期待されています。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。