乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:4380]
性別:女性
年齢:44歳

田澤先生、こんにちは。

44才、女性です。

2度目の乳がんが発覚してから、こちらのサイトで勉強させていただいてます。

今後の治療法について教えて頂きたいです。

2年前に右乳房温存術
腫瘍 : 5mm
ホルモン受容体 : 陽性
HER2 : 陰性
Ki67 : 低値
リンパ節転移無し
術後、放射線治療 + ホルモン治療(ノルバデックス)

昨年末に定期検査で右乳房に腫瘍が見つかり、1月末、右乳房乳頭乳輪温存乳房切除術を行いました。

ホルモン受容体 : 陽性
HER2 : 陽性3+
Ki67 : 17~22%
リンパ節転移無し

病理結果
腫瘍径10mm大、灰白色・境界明瞭、不整形、弾性硬、充実性結節あり。

同部の乳管内には、充実性胞巣を形成した異型上皮増生がられます。
多くの胞巣内には面泡が見られます。
胞巣は厚い繊維化帯で分けられ、中には中等度の円形細胞浸潤があり、一部には、微小浸潤が見られます。
切除段端部には、癌細胞無し。

Grade 2:7点(A構造sc.3、B核異型sc.2、C核分裂数sc.2)

今後の治療法で、どちらを選択するか迷っております。

*抗がん剤TC(3ヶ月)+ ハーセプチン(1年)+ホルモン療法
*ホルモン療法のみ
ホルモン療法については、これまで使用していたノルバデックスは効果が出てない為、別の薬剤を使用予定。
どの薬が適しているとしていると思われますでしょうか。

2度目の腫瘍が見つかり、今後の再発が心配です。

腫瘍は小さいですが、HER2が陽性なので、抗がん剤を使用するべきか、悩んでおります。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「温存乳房内再発」は「再発」という名前がついていますが『再発とは似て非なるも
の』です。
 つまり
 1.前回温存時の「取り残し」
 2.残存乳腺に(前回の癌とは無関係に)「全く新規に発生した癌」

 1.2のどちらなのです。

「腫瘍径10mm」とありますが…
「乳管内には、充実性胞巣を形成した異型上皮増生が見られます」や「一部には、微小浸潤が見られます」という記載からは、「非浸潤癌主体の微小浸潤癌」という可能性があります。
どのように言われていますか?

「2度目の腫瘍が見つかり、今後の再発が心配」
⇒冒頭でコメントしたように…

 上記1.2のどちらにしても「再発を心配する」要素は特にありません。(遠隔転移再発とは、そもそも無関係なのです)

「腫瘍は小さいですが、HER2が陽性なので、抗がん剤を使用するべきか、悩んでおります。」
⇒これは、はっきりしています。

 浸潤径を確認してください。
 もしも「微小浸潤」なら不要です。(浸潤径≦5mmならば適応はありません)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。