乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5272]
性別:女性
年齢:36歳

人間ドックにて腫瘍なし、構築乱れなし
石炭なし、辺縁濃度が高いカテゴリー4
要精密検査と診断になりました。

触診でしこりは確認できなかった為
造影剤を使ってMRI3クラスの検査を
先週受けて今週末結果がわかるのですが不安で仕方ありません。

これはどのような状況なのでしょうか?
乱文で申し訳ありません。

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「エコーと触診異常なし」とありますので「エコーで所見なし」なのですね?(本文に記載が無いので念のため)

検査の位置づけ
そもそも「マンモグラフィーで所見があっても、エコーで相当する部位に異常所見が無ければ、)「異常無し(乳腺の重なりで偶然マンモでそれらしく見えただけ)」となるのが殆どです。

ただ、(エコーでの「何もないという」診断に自信が持てない際に)「存在診断目的でMRIを撮影する」ケースがあります。
質問者のケースも、これに当て嵌まるようです。

「これはどのような状況なのでしょうか?」
⇒上術のように…

 エコーで異常が無ければ、ほとんどの場合で問題ないのですが(マンモでは乳腺の重なりが、腫瘍と誤認されることは珍しくないのです)MRIでも(本当に腫瘍がないことを)確認できれば「更に安心」ということです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。