乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5401]
性別:女性
年齢:49歳

田澤先生、ご多忙の中と存じますが、ご回答どうぞよろしくお願い致します。

既往歴あり。

13年前 左乳房全摘出手術
ステージ2b、硬がん、グレード3
リンパ郭清あり
術後 AC + タキソテール、
5年間 ホルモン治療 タスオミン服用、2年間リュープリン注射併用。

病院のシステム上、10年過ぎてからは 紹介していただいた近所の乳腺クリニックで年に1度定期検診。

今年6月末、超音波エコーにて右乳房に0.6mmほどのしこり発見。

13年前に手術を受けた病院へ戻り、悪性と判断。

今回の手術。

8/(上旬) 右乳房全摘手術。
(温存可能でしたが全摘を選択)

病理結果。

浸潤性乳管癌
センチネル生検 摘出リンパ節 2個、リンパ節転移 陰性。

大きさ(浸潤型) 1cm
範囲 1cm
核異型度 3
組織異形度3
リンパ管、脈管侵襲 なし
ki67 71.2%
断端 陰性
ホルモン感受性 あり
her2 なし

主治医からは 抗がん剤なしホルモン治療 でいいでしょう。

しかし、あなたが心配性で不安(その通りです…)
なら 抗がん剤TC をしてもいいかも。
その辺りを乳腺科 腫瘍内科(前回の抗がん剤 ホルモン治療を診ていただいた医師です)と相談して下さい。

とのお話しでした。
来週です。

大変 動揺していたので 何一つ質問できないまま帰宅してしまい、
インターネットで検索すると
(なるべく 乳がんプラザ以外の情報は信じないようにしていましたが…)
ki67 70% は尋常ではない増殖力、と目にし、
個人ブログなどから早期再発で亡くなられる方はこの数値以上の方が多いようで… 恐怖 です。

早期 1cm リンパ節転移なし を心の支えにしてきましたが、
やはり、この病理結果では 再発率も高くかなり予後が悪いのでしょうか?
全摘ですが、放射線治療も行なった方が安全でしょうか?
前回の経験から抗がん剤治療は怖くて避けたい。
だけど再発率は下げたい…
となると、やはり抗がん剤治療は必要となりますか?
主治医が提案するホルモン治療のみ は危険でしょうか?
豊かな経験から基づく田澤先生のお言葉をいただきたく 質問させて頂きました。

大変取り乱しています…
立て続けの質問、お許し下さい。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

物事はシンプルに考えましょう。
私にとっては(その個人のブログにあるという)Ki67高値がどうこうというものには全く興味はなく、13年前に術後補助化学療法(AC,ドセタキセル)を行っていることに注目します。

○浸潤径1cmの早期乳癌ですが、ルミナールBなので術後化学療法の適応はあります。

 焦点は(13年前の)化学療法歴です。
 考え方としては
 1.(化学療法歴があるから)今回は(早期だし)化学療法は行わない。
 2.(アンスラサイクリンとドセタキセルの既往から)weeklyPTXを行う。

 上記1と2がありますが、(治療に積極的なら)2を選択するといいでしょう。
(1でも間違いだとは思いません)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。